Windows Server 2016におけるHyper-V 2016の5つの機能


Hyper-V 2016には数多くの新機能が搭載されているため、それらをすべて紹介するのは難しく、
時間が限られている場合、この5つの重要な機能を最初に見せてください。

仮想環境管理を容易にするための多数のHyper-V機能がありますが、機能が非常に多く、実際に使いこなすまでが困難で時間がかかります。 機能は、克服すべき課題と最終的に管理者の責任をどのように緩和するのかによって区別されます。 Hyper-Vの各バージョンには、新しく改良された機能が導入されています。

Hyper-V 2016の新機能および改良された機能を日常的に使用するため、最も重要な機能を特定するために数十程度の機能を検証し、その中でのトップ5をご紹介します。

Shielded VM

ハイプロファイルのセキュリティ侵害がますます一般的になってきているため、データを保護することが重要です。 Hyper-V 2016のShielded VM機能は、その負担を軽減します。そのため、このリストでは一番重要としました。

Shielded VM機能は、BitLockerを介して仮想ハードディスクを暗号化し、仮想トラステッドプラットフォームモジュールを使用して第2世代のVMを保護し、アテステーションプロセスを完了します。 セキュアブートとホストガーディアンサービスは、Hyper-V 2016のShielded VM機能でも役割を果たします。
セキュアブートは、ブート時にShielded VMへのアクセスを防ぎます。 ホストガーディアンサービスでは、シールドVMを指定されたホスト上でのみ実行できます。 これらの措置を講じることで、データを紛失や盗難から保護することができます。

Nested Virtualization

Hyper-V 2016のNested Virtualization機能により、管理者はVM内のホストを仮想化することができます。 現在、このHyper-V機能には、コンテナのサポートを含むいくつかのプロダクション用途があります。 コスト削減とコンテナの柔軟性とVMが提供するセキュリティを組み合わせることで、Nest Virtualizationは両方の分野のベストを表しています。

Nested Virtualizationにより、企業は開発/テスト環境とトレーニングのためにハードウェアにお金を節約できます。 このHyper-V 2016の機能は、プライベートクラウドでも機能します。Nested Virtualizationを使用したプライベートクラウドを作成すると、他の部門がVMを作成してリソース消費量を引き続き制御できます。

プロダクションチェックポイント

チェックポイントはHyper-Vの機能ではしばらく利用されていましたが、運用環境ではサポートされていませんでした。 今までは、本番環境のVMにチェックポイントを適用すると、その上に実行されているアプリケーションに損害を与えることがありました。

Hyper-V 2016には、Standard CheckpointまたはProduction Checkpointのいずれかを使用するオプションがあります。 覚えておくべき重要なことは、ゲストOSによってテクノロジが異なることです。 Windows OSを実行しているVMの場合、Production Checkpointはボリュームシャドウコピーサービスを使用してVMとそのアプリケーションを一貫性のある状態にします。そのため、アプリケーションに損害を与えることなくチェックポイントを作成できます。
Linuxを実行しているVMの場合、Production Checkpointはファイルシステムバッファをフラッシュして一貫したチェックポイントを作成します。

クラスタローリングアップグレード

クラスタローリングアップグレード機能により、管理者はダウンタイムなしに既存のWindows Server 2012 R2クラスタをWindows Server 2016クラスタにアップグレードできます。 この機能を使用する前は、管理者はクラスタをオフラインにして新しいOSをインストールし、アップグレードしたクラスタをオンラインに戻してすべてのワークロードを再起動する必要がありました。

クラスタローリングアップグレード機能を使用すると、アップグレード中にVMおよびスケールアウトファイルサーバーのワークロードを継続して実行し、それらのメンテナンスタスクの実行に伴うコストを削減できます。 クラスタがネイティブWindows Server 2016クラスタとして動作するかどうかをWindowsに指示するクラスタの機能レベルを上げない限り、必要に応じてクラスタを以前のOSバージョンに戻すこともできます。

ホストリソース保護

仮想環境でのリソース消費を管理することは難しいことです。 しかし、Hyper-V 2016のホストリソース保護機能は、いくつかの作業を処理します。

この機能により、VMが大量のリソースを消費することを防ぎ、隣接VMのパフォーマンスに対する悪影響を軽減します。 システムが異常に過剰な仮想CPUアクティビティを検出すると、ハイパーバイザはそのVMに割り当てるCPUリソースをより少なくします。 この機能はデフォルトでは無効になっています。 これを有効にするには、Set-VMProcessor PowerShellコマンドレットを使用します。 Hyper-V 2016でリソース消費を管理する方法は他にもありますが、ホストリソース保護機能は、無視されたVM設定や誤った設定ミスの心配を排除します。

関連トピックス:

カテゴリー: Hyper-V, 機能, 設定 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL