vSphere5 の VM に Hyper-V をインストールする場合の注意点


vSphere5(ESXi5) の仮想マシンとして Windows Server 2008/2008 R2 を作成して Hyper-V を役割の追加からインストールしようとすると以下のエラーが発生してインストールできません。

vSphere5(ESXi5) の仮想マシン上に Hyper-V をインストールする場合には設定の変更が必要になります。

1. vSphere5(ESXi5) のコンソールから “etc/vmware/config” を開いて以下の文をを追加します。
vhv.allow = “TRUE”

2. vClient から仮想マシンを選択後、右クリックして “設定の編集” を開きます。

3. オプションタブから “全般 > 構成パラメータ” を開いて、パラメータを追加します。

monitor.virtual_exec = “hardware”
hypervisor.cpuid.v0 = “FALSE”

4. “CPUID マスク > 詳細” を開いて、パラメータを追加します。

レベル1
ECX: —- —- —- —- —- —- –H- —-

5. “CPU/MMU 仮想化” から “Intel VT-x/AMD-v を命令セット仮想化に使用し、Intel EPT/AMD RVI を MMU 仮想化に使用” を選択します。

6. 仮想マシンを起動して役割の追加から Hyper-V がインストールできるのを確認してください。

関連トピックス:

カテゴリー: VMware, vSphere, Hyper-V, 設定 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL