Windows Server 2012 Hyper-Vでの仮想マシンのインポート・プロセスを効率化


マイクロソフトは Windows Server 2012 Hyper-VからVM(仮想マシン)のインポート・プロセスを効率化させました。

VMのインポート・プロセスの要望が多かった理由にはいくつかあります。最初にインポートする前にVMのエクスポートが必要です。しかしVMのエクスポートには必要以上に制限したプロセスがあります。

例えばHyper-Vサーバのシステム・ドライブが故障した時に、すべてのVMを保存するストレージ・アレーは無傷だとします。この場合故障したドライブは交換できず、Hyper-Vをインストールし、データ・ドライブからVMをインポートします。ユーザは最初にVMをエクスポートしていないため、新規のHyper-VインストレーションへVMをインポートすることができません。代わりにリカバリー処理に関する作業が必要になります。

VMの構造がインポート処理が大変であるというもう1つの理由です。1つのサーバから他へ仮想ハードディスクをコピーすることは可能ですが、Hyper-Vは次のようなVMコンポーネントを仮想ハードディスクの外に保存します。、

●VMスナップショット
●保存状況
●仮想マシンコンフィグレーション・ファイル

しばしばHyper-Vは色々な理由でこれらのコンポーネントのインポートに問題がありました。例えば、VMインポート・プロセスがコンフィグレーション・ファイルが仮想ネットワーク・スイッチを参照するため、VMのネットワーク・コンフィグレーションをしばしば失うことがあります。

VMインポートプロセスの改善

マイクロソフトはWindows Server 2012 Hyper-VでVMインポート処理を簡単にするよういくつかの変更を行いました。

最初にVMをエクスポートする必要はなくなりました。変わってインポート・ウィザードでVMファイルをポイントし、ウィザードがHyper-VでVMとしてこれらのファイルを登録します。このVMポータビリティの改善で、ラボ環境では便利になりました。ITエンジニアはUSBフラッシュ・ドライブにVMをインポートし、短期間だけ使用することができます。

最も大きな変更は新規のインポート・ウィザードです。前のものとは違い、このウィザードはやみくもにVMをインポートする訳ではありません。マイクロソフトはVMインポートを複雑にしているVMパスやハードウェア・非互換性などの共通の問題を確認する機能をウィザードに組込みました。いくつかのケースで、ウィザードが自動で問題を解決します。それ以外は、プロセスはマニュアル的な介入が要求され、ITエンジニアはウィザードに従って適切なステップを行っていきます。マイクロソフトによるとこのウィザードは40以上の問題を確認し、解決を試みます。

VMインポートプロセスの信頼性を高めるために、ウィザードは、5つのステップを実行します。

1.予想外のリブートや停電から保護するためのVMコンフィグレーション・ファイルのコピーの作成
2.ウィザードがハードウェアの検証:新規サーバのハードウェアをオリジナルのホストのハードウェアを比較し、仮想マシンに影響を起こしそうな相違点をを確認
3.VMインポート完了前に調整が必要なエラーリストのコンパイル
4.管理者はウィザードでプロセスの調整が可能
5.VMインポートが完了した時点でVMコンフィグレーション・ファイルのテンポラリー・コピーを削除

関連トピックス:

カテゴリー: Hyper-V タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL