バックアップとレプリケーションの両方を活用してHyper-Vの仮想マシンをより良く保護する方法


Volume Shadow Copy Service (VSS)
Volume Shadow Copy Service (VSS)はWindowsサービスで、Windows Server 2003で管理者がバックアップ・トランザクションの一貫性を提供するように導入されました。これは、一貫した方法でデータ・コピーを取ることでプロセス全体を調整し、アプリケーションがオンラインであることを確実にします。実際にはVSSはデータのコピーを作成する訳ではなく、現状のデータ状態を保存し、その時点での状態が一貫性があることを確実にします。基本的に、VSSはそのサービス自体と、VSS requestor, VSS provider,VSS writerの3つの補充コンポーネントとのスムースなコラボレーションと調整を行います。
VSS_1-388x115
VSS requestorは捕捉するデータをフリーズさせるコンポーネントです。

VSS writerはインストールからVSS対応(VSS-aware)のアプリケーションとともし稼働する特別なコンポーネントです。現在ではWindowsで稼働する多くのアプリケーションはVSS対応です。個別のOSでのVSS対応のアプリケーションのリストはコマンドラインで「vssadmin list writers」を起動して確認できます。例えばSQL Sesrver, Exchangeはそれらのアプリケーションに含まれます。

VSS_2-388x196

Volume Shadow Copy Service (VSS)について:

なぜバックアップとレプリケーションが一緒により良く使えるのか?

バックアップは多数のVMを含む多重排除と圧縮したファイルです。それに続くバックアップファイルはバックアップ・チェーン(incrementalまはた reversed incremental)で構成されます。レプリカはホスト、ディザスタリ・リカバリ(DR)上で使用可能状態のVMのコピーです。しかしバックアップとレプリカは一緒により良く利用可能です。

バックアップのみであれば、レプリケーションの多くの利点をリ活用することができません。Hyper-Vでのレプリケーションはより良いRTO(Recovery Time Objectives)を提供します。レプリカは多重排除と圧縮されていないため、数秒でスタートでき、プロダクション・ダウンタイムを大きく削減することができます。これはユーザの中核サービスには重要です。

一方、レプリケーションのみを使用していた時には、すべてのプロダクション環境での問題はDRサイトへレプリケーションするでしょう。この時点でユーザはバグよりも古い考えられるバックアップ·コピーを持っていない限り、ソリューションはありません。

Hyper-V対応のバックアップとレプリケーションを捕捉して使用することはユーザのデータを保護する最善の戦略で、最近では非常に簡単なことです。

関連トピックス:

カテゴリー: Hyper-V, 設定 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL