仮想化におけるデータ保護レポート:2013


Veeam Software社は仮想化におけるデータ保護に関する調査をVanson Bourne社という独立した調査会社に依頼し,そのレポートが2010年版に続き2013年版が発刊されました。これはその一部を紹介するものです。

調査は2012年の11から12月に行われ、米、英、仏、独の4か国の従業員1000名以上の企業の500名のCIOに対して行われました。(Ave:平均, DE:独, FR:仏, UK:英, US:米)

(1)現状での直面する問題点:

●バックアップまたはリカバリが時々失敗する
●SLAが欠如している
●ファイルとアプリケーション・レベルのリカバリーが複雑
●リカバリ時間が長い
●バックアップ時間が長い
(カラー順番に)

(2)複雑性に関連する問題点

●テープ装置へのバックアップが複雑
●バックアップする仮想サーバが多い
●バックアップ・ツールの構成と使用が複雑
●バックアップは継続的な管理が必要

(3)エージェント・べースのバックアップに関連する問題点

●エージェントがシステム・パフォーマンスをスローダウンさせる
●エージェント・べースのバックアップは高価
●リストア失敗が多発する
●バックアップ失敗が多発する
●エージェント管理

(4)現状のバックアップ・ツールを変更する理由

●目標復旧時点(RPO)に適合しない
●目標復旧時間(RTO)に適合しない
●ソフトとハードの価格
●複雑度
●TCO(Total Cost of Ownership)

(5)レプリケーションをしていないサーバがダウンした時のコスト($)/時間

原文(英)をご希望の方はご連絡ください。

お問合せフォーム

関連トピックス:

カテゴリー: VMware, vSphere, BCP タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL