DBMotoレプリケーションに必要なMySQLユーザ権限


DBMotoで使用するMySQLユーザに必要な権限は下記の通りです。
ユーザ名を「dbmoto」とした場合の例となります。
※ワイルドカードとして”*”を使用する例も記載しています。

●ミラーリング複製元ソース用(トリガーを使用する場合)

// ユーザ作成
>CREATE USER ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’ IDENTIFIED BY ‘dbmoto’;

// 読み取り権限(テーブル用)
>GRANT SELECT ON <SCHEMA>.<TABLE> TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;
>GRANT SELECT ON *.* TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;

// トリガー作成削除権限(テーブル用)
>GRANT TRIGGER ON <SCHEMA>.<TABLE> TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;
>GRANT TRIGGER ON *.* TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;

// トリガー有効化権限 ※バイナリログが有効化されていない場合は不要
>GRANT SUPER ON *.* TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;

// テーブル作成削除権限(トリガーログテーブル用)
>GRANT CREATE, DROP ON <SCHEMA>.<TABLE> TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;
>GRANT CREATE, DROP ON *.* TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;

// 編集権限(トリガーログテーブル用)
>GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, INDEX ON <SCHEMA>.<TABLE> TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;
>GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, INDEX ON *.* TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;

// 権限反映
>FLUSH PRIVILEGES;

●ミラーリング複製元ソース用(MySQLバイナリログを使用する場合)

// ユーザ作成
>CREATE USER ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’ IDENTIFIED BY ‘dbmoto’;

// 読み取り権限(テーブル用)
>GRANT SELECT ON <SCHEMA>.<TABLE> TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;
>GRANT SELECT ON *.* TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;

// バイナリログ用権限
>GRANT PROCESS, REPLICATION CLIENT, REPLICATION SLAVE, RELOAD ON *.* TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;
※MySQL 5.1のみ、上記に加えてFILE, SUPERの権限が必要です。

// 権限反映
>FLUSH PRIVILEGES;

●ミラーリング複製先ターゲット用

// ユーザ作成
>CREATE USER ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’ IDENTIFIED BY ‘dbmoto’;

// ターゲットテーブル編集作成権限
>GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE ON <SCHEMA>.<TABLE> TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;
>GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE ON *.* TO ‘dbmoto’@’DBMotoマシンIPアドレス’;

// 権限反映
>FLUSH PRIVILEGES;

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください