DBMotoレプリケーションに必要なPostgreSQLユーザ権限


DBMotoで使用するPostgreSQLユーザに必要な権限は下記の通りです。
ユーザ名を「dbmoto」とした場合の例となります。

●ターゲット:初期リフレッシュ+ミラーリング

>GRANT SELECT, UPDATE, INSERT, DELETE, TRUNCATE ON <スキーマ>.<テーブル> TO dbmoto;

●ターゲット:リフレッシュのみ

>GRANT SELECT, INSERT, TRUNCATE ON <スキーマ>.<テーブル> TO dbmoto;

●ソース:リフレッシュのみ

>GRANT SELECT ON <スキーマ>.<テーブル> TO dbmoto;

●ソース:ミラーリング

>ALTER ROLE dbmoto WITH SUPERUSER;
他WALログの設定変更など、詳細はこちら

●ターゲットでテーブル作成を行う場合のみ必要(任意)

>GRANT CREATE ON SCHEMA <スキーマ> TO dbmoto;

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください