<新機能>Netezza (現IBM PureData System) DWH&分析アプライアンスをサポート追加【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


DBMoto7ではNetezza DWH&分析アプライアンス(TwinFin)を正式にサポートします。
レプリケーションモードは、Netezzaへのミラーリング、及びNetezzaからのリフレッシュに対応しております。さらにDBMotoからNetezzaにデータを高速に転送するための機能が組み込まれています。(NetezzaはIBM PureData Systemに名称が変わっています。)

▼前提条件

あらかじめDBMoto専用マシンに、Netezza ODBCをインストールしておく必要があります。

▼DBMotoコネクション設定例

DBはNetezzaを選択します。

赤い箇所をクリックすると・・・

Netezza ODBCドライバの設定画面が開きますので、必要な接続情報を設定し、「Test Connection」を押下して接続に問題がないことを確認します。

日本語データを扱う場合はDriver Optionsタブの「Optimize for ASCII character set」にはチェックを入れないようにします。

▼DBMotoのCreateウィザードを使用してNetezzaにテーブルを作成する場合の注意点

・Primary Keyが設定されないため、DBMotoからSet Primary Keyする必要があります。

・日本語データを扱うフィールドは必ず「NVARCHAR」にする必要があります。

関連したトピックス

1 Response to <新機能>Netezza (現IBM PureData System) DWH&分析アプライアンスをサポート追加【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】

  1. climb のコメント:

    DBMotoの最新データベースサポートはこちらを参照ください。
    https://www.climb.co.jp/soft/dbmoto/outline/db.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください