Zabbixの監視データをEspressChartでチャートに出力し、それをインターネット展開へ


EC+Zabbix
LAMP環境で手軽に構築でき、多種多様な監視機能を揃えていることから人気となっている、サーバ・データベース等のリソース監視ツールZabbix

その監視データはMySQLのデータベース上に蓄積されているため、弊社のエンタープライズ向けJavaチャート作成ツールEspressChartからデータを参照し、チャートを作成することが可能です。
EspressChartはwebベースの製品ですので、これにより、既存の監視ポータルサイトにZabbixによる監視結果をEspressChartを使ったわかりやすいチャートとして組み込むことが可能です。

zabbix-espress_thumbnail

監視結果のデータは主に以下のテーブルに収められています。

  • history – リアルタイムの浮動小数点
  • trends – historyに格納されているデータの1時間ごとの平均・最大・最小値
  • history_uint – リアルタイムの整数値
  • trends_uint – history_uintに格納されているデータの1時間ごとの平均・最大・最小値

(出典:「Zabbix統合監視徹底活用」池田大輔、技術評論社、2014年)

■例:trends_uintテーブル
trends_uint_table

また、CPUやメモリといった登録されたサーバの各種の監視項目設定のデータは主にitemsのテーブルに収められています。

items_table

例えば、Zabbix自身のプロセスロードを確認したい場合は以下のようなクエリで確認可能です。

SELECT itemid,FROM_UNIXTIME(clock) clock,value,ns FROM zabbix.history WHERE itemid = 23295 ORDER BY clock DESC LIMIT 60
※LIMIT句で取得結果の数を絞ることを推奨します。

history_table

チャートデザイナーで目盛りなどを適切に調整すれば、以下のようにZabbixのデータをEspressChartでグラフ化することが可能です。
(下記の図はごく簡単なチャートです。より複雑なチャートも出力可能です。)

espresschart_image

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です