Teradataのデータをダッシュボード化してデータ分析・活用!EspressReport ESとの連携可能!


Teradataはその名の通りテラ・バイト(1兆バイト)級のデータを処理することを念頭に設計されたRDBで以下の特徴があります。

・複雑な非定型クエリーにも高速レスポンス
・データ量、ユーザー数を制限しないスケーラビリティ
・容易なシステム構築と運用管理
・柔軟な混合ワークロード処理
・基幹系システムに匹敵する高い可用性
・複数世代の共存が IT投資を保護
・豊富な稼動実績と評価
・優れたオープン性

オープン性に関してはODBC、JDBC、.NET Data Provider 等のネットワーク接続をサポートしており、弊社の製品ERESともJDBCドライバを使用して連携することが可能です。

これによりTeradataが持つ大容量ビッグデータをEspressReport ES(ERES)にてグラフ化・ダッシュボード化し、いつでもどこでもリアルタイムに情報共有が可能となります。
20151028-01

ERESとの連携手順

1. Teradata専用のJDBCドライバをダウンロードするため、Teradata Developer Exchangeのサイトへアクセスします。

2. 会員登録しログイン後、Downloadsからダウンロードページへ移動し、JDBC Driverをクリックしてダウンロードします。
20151028-04

3. ダウンロードしたファイルを展開すると「tdgssconfig.jar」「terajdbc4.jar」の2つのjarファイルがありますので、両方ともERESのjarファイルとして利用することになります。ERESのlibフォルダへ格納します。
20151028-05

4. ERESのデータソース画面(DBへの接続画面)では以下のように情報を入力します。

ドライバ一覧: Other
URL: jdbc:teradata://<IPアドレス>/
ドライバ: com.teradata.jdbc.TeraDriver
20151028-02

5. テスト接続を行い問題なければTeradataとの接続は完了です。

以下のようにTeradataのデータをグラフ化・レポート化し、ダッシュボードとして展開可能です。
20151028-03

関連するトピックス:

1 Response to Teradataのデータをダッシュボード化してデータ分析・活用!EspressReport ESとの連携可能!

  1. climb のコメント:

    RDBからTeradata/Hadoopへのレプリケーション対応、Oracle/MySQLパフォーマンス向上等・・・DBMoto 9 最新機能について
    https://www.climb.co.jp/blog_dbmoto/archives/2876

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください