レポートオブジェクトの作成【Java対応レポート・帳票ツールEspressReport】


EspressReportでは、レポートデザイナで作成したレポートファイルを元に、Java実行時に動的にレポートを制御することが可能です。その前提としてまずはレポートオブジェクトの作成が必要となります。作成したオブジェクトに対して、例えば色を変更したりデータを上書きしたり、さまざまな制御が可能となります。

●レポートオブジェクトの作成

QbReport report = new QbReport(~);

これが基本の形です。すべてはここから始まります。

●サブレポートオブジェクトの作成

QbReport report = new QbReport(~);
QbReport subReport1 = (QbReport)report.getSubReportAt(0).getSubReport();

レポート内にサブレポートが含まれる場合でサブレポートを制御する方法です。

●ドリルダウンレポートオブジェクトの作成

QbReport report = new QbReport(~);
QbReport drillDownReport1 = (QbReport)report.getDrillDownReportAt(0, true);

レポート内にドリルダウンレポートが含まれる場合でドリルダウンレポートを制御する方法です。

●チャートオブジェクトの作成

public class ModifyChart implements IChartModifier {
    public IChart modifyChart(Object chartInfo) {
        ChartObject chart = new ChartObject(chartInfo);
        // ここでチャートオブジェクトを制御
        return chart;
    }
}

レポート内にチャートが含まれる場合でチャートを制御する方法です。
IChartModifierインターフェースを実装するクラスを作成する必要があります。

【参考】EspressChartでのチャートオブジェクトの作成

QbChart chart = new QbChart(~);

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください