画像を用いた独自パターンの作成方法


EspressChartではグラフに色を設定するほかにパターンを選択できます。

APIからの設定を行うことで既存のパターンの他に独自に用意した画像を用いることも可能です。

APIでは通常、下記のように色を指定し、グラフエリアなどに適用します。
//配列に色を指定
Color[] color = { Color.DARK_GRAY, Color.blue };
//色の設定
chart.gethDataPoints().setColors(color);

このcolorに追加でパターンや画像を指定することで任意のパターンを作成できます。
//配列に色を指定
Color[] color = { Color.DARK_GRAY, Color.blue };
//パターンの指定
color[0] = new QbPattern(color[0], QbChart.PATTERN_CROSS_ECLIPSE);
//パターンの作成
QbPattern dataPattern = new QbPattern(color[1]);
//画像の読み込み
File customImageFile = new File(“climb.png”);
try {
BufferedImage customImage = ImageIO.read(customImageFile);
//作成したパターンに画像を適用
dataPattern.setPatternImage(customImage);
} catch (IOException e1) { e1.printStackTrace();}
//colorに画像を適用
color[1]=dataPattern;
//色の設定
chart.gethDataPoints().setColors(color);

画像の反映が行えました。

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください