Microsoft 365 (旧Office365) の責任共有モデルの理解

企業がMicrosoft 365 (旧Office365)のようなSaaSプラットフォームを利用するのは、便利だからに疑問はありません。ソフトウェアを自社のサーバーに導入して管理する必要がないからです。しかしSaaSがセキュリティ管理の手間を省いてくれるわけではありません。SaaSプロバイダはセキュリティの一部を管理していますが、多くのセキュリティ関連事項、特にデータ保護とセキュリティに関連する事項を、責任共有モデルとして顧客に委ねています。

続きを読む
タグ: , , ,

Kubernetesにおけるバックアップの5つのベスト・プラクティス

Kubernetesにおけるバックアップの5つのベスト・プラクティス

アプリケーションとデータのバックアップは、企業のIT部門における原則的な規律です。また、Kubernetesはアプリケーションサービスの高可用性とスケーラビリティの確保に役立ちますが、これらの利点はデータを保護するものではありません。そのため、Kubernetesアプリケーションのデータ管理とバックアップは不可欠であり、標準的な運用手順に組み込む必要があります。

続きを読む
タグ: , , ,

AWS Backup : AWSバックアップ ツールについての考察

AWS Backupについての分析

概要

続きを読む
タグ: , ,

AWS Virtual Private Cloud (VPC) Reachability Analyzer

AWS Virtual Private Cloud (VPC)は、クラウド上のネットワークに特化したサービスで、クラウド環境を運用するために必要なすべてのものを完全にコントロールすることができます。AWS Virtual Private Cloud (PVC)では、サブネット(パブリックとプライベートの両方)、IPルート(それらに使用されるファイアウォールも含む)、NATゲートウェイ、VPN設定、Elastic IP予約など、さまざまな機能を提供しています。しかし、ビジネスのニーズが高まるにつれ、クラウドにおけるネットワークの複雑さも増し、最高のネットワーク・アーキテクチャでも問題が発生することがあります。VPCピアリングやトランジット・ゲートウェイを介して複数のVPCをリンクし、複数のルートやファイアウォール・ルールなどでリソースの大規模な相互接続ネットワークを構築することを考えると、問題は指数関数的に大きくなります。

続きを読む
タグ: , ,

コロナ禍で加速する政府のデジタルトランスフォーメーションは正しい方向に進んでいるのか?

昨年来、政府がデジタルトランスフォーメーションに本腰を入れて取り組んでいる様子が、いろいろなニュースから伺えます。急に力を入れ始めたのか、前々から着実に積み重ねてきたのか、憶測でものをいうのは控えますが、メディアの取り上げ方は常々政府に批判的、というかお目付け役的な傾向があるので、コロナ禍でデジタル化の必要に迫られ、慌てて進めている印象を受けます。

続きを読む
タグ: , ,

AWS上でSAP HANAを実行することの意味

SAP HANAをオンプレミスではなくAWS上で運用することで、アプリケーションの管理プロセスが大幅に簡素化できます。まず、AWS上では、ユーザはSAPアプリケーションを管理するだけで、その直下にある物理的なインフラストラクチャはAWSが所有し管理することになります。確かに、AWS上でSAP HANAを管理することはまだ容易ではなく、経験豊富な(そして認定された)専門家が必要になりますが、あなたのクラウドプロバイダーにハードウェアのメンテナンスを渡することで、ユーザは時間と経費の両方を節約することができます。また、AWSでは、実際に利用した分だけを支払うことになります。つまり、SAP HANAアプライアンスに多のな初期費用を支払う代わりに、ハードウェアをレンタルして時間単位で支払うことができます。SAP HANAのライセンスを購入する代わりに、時間単位でレンタルすることもできます。すでにライセンスを所有している場合は、BYOL(bring-your-own-license)という選択肢もあります。その上、AWSを利用することで、SAP HANAインフラのプロビジョニングを迅速に行うことができます(数日から数週間ではなく、数分から数時間で)。また、ニーズの拡大に合わせて環境をスケールアウトすることができ、複数の可用性ゾーンやSAP HANAシステム・レプリケーションを利用することで、より高いレベルの可用性を実現することもできます。

続きを読む
タグ: , ,

VMware ESXiで利用できるホストのSSD/RAMキャッシュまとめ

VMwareには2種類のSSDキャッシュがあり、一つはホストのメモリがいっぱいのなった際にSSDへスワップアウトするものと、ストレージのリクエストをホストのフラッシュ/RAMにキャッシュするものです。

前者のカテゴリには、以下のVMware機能が有ります。

後者のカテゴリには、以下のVMware機能やサードパーティ製品機能があります

続きを読む

コロナ禍で急増するフィッシングが企業に与える脅威

脆弱性はシステムではなく人に

続きを読む
タグ:

ハイブリッドクラウド・バックアップとは:そしてどのように機能し、どのようなメリットがあるのか!

ハイブリッド・クラウド

ハイブリッドクラウド・バックアップとは、基本的にはローカルバックアップとクラウドベースのデータバックアップの両方の世界を融合させたものです。リモートのクラウドサーバーとローカルのバックアップリソースを系統的に連携・同期させ、災害時にはオフプレミスのリカバリーポイントを提供します。

続きを読む
タグ:

在宅勤務の急増で待ったなし! クラウドセキュリティの緊急課題を解決するには

コロナ禍をきっかけにリモートワーク(remote work)やテレワーク(telework)が急増したという記事をよく見かけますが、正確に言えば、実際に増えたのは在宅勤務(work from home)です。リモートワークなら、出張所の職員は常にそうだし、テレワークも、リモートワークよりは「臨時」感が強まるものの、ほぼ同義です。どちらも「遠隔地での仕事」に変わりはありません。それに対し、在宅勤務は「じぶんち」で働くわけで、リモートワークの一形態にすぎませんが、じぶんちは他よりも特殊な環境です。何よりも、そこには自由があります! 服装も自由。髭も伸ばし放題。ビデオ会議のときは上半身だけ身なりを整え、マスクをすれば問題なし。仕事に疲れたら、ふぅ…とため息をついて、「おれ、この仕事、向いてるのかぁ」と呟きながら、占いサイトで仕事運などもチェックできます。そう、独り言呟き放題なのも在宅勤務の特権です。が、息抜きに個人的なサイトを眺めるのは、あまりおすすめできません。

続きを読む

Kubernetesネイティブのススメ

Kubernetes環境への円滑な移行は、遅かれ早かれIT部門が直面する課題。でも、そこには思わぬ落とし穴も・・・

続きを読む

国内企業のコンテナ普及率が二桁の大台に

Image by Sasin Tipchai from Pixabay
続きを読む

テレワークの歴史

テレワークの歴史を時代とともに遡ってみたいと思います。と言っても、米国やカナダ企業での個人的な経験です。すべての会社に当てはまるわけではないし、どの時代が良いというわけでもありません。いつだって「古き良き」時代があって、後で合理的に判断したら古い時代のほうが理にかなっていた、ということもあります。ここでは、ただ単に辿った経路を書き出して、これからそれをなぞるかもしれない職場の参考になればと思います。

続きを読む

「VMwareがついにvSphere 7を発表 ~真のハイブリッド クラウドを実現」のつづき

前回の記事では、vSphere 7の新機能の中でも、特にvSphere with Kubernetesに焦点を当てました。しかし、そこでも言及したとおり、vSphere 7はKubernetesに関心のないユーザーにとっても、非常に大きなリリースで、vSphere with Kubernetesは機能拡充された主な7分野の中の一つに過ぎません。

続きを読む

VMwareがついにvSphere 7を発表 ~真のハイブリッド クラウドを実現

VMwareが3月10日にvSphere 7のリリースを発表しました。VMware曰はく、「the biggest release in over a decade(ここ十数年で最大のリリース)」だそうです。この「最大」の意味するところは、下記の7分野における大幅な機能強化を示唆しますが、中でもKubernetes対応がここ数年の課題であり、それをついにクリアしたことがVMwareにとってのマイルストーンだという意味合いが多分に含まれていると推測します。要するに、vSphere 7は、コンテナの活用、クラウド ネイティブ環境のサポート、延いてはKubernetesのネイティブ サポートを目指したプロジェクト パシフィックの結実だと言えるのではないでしょうか。

続きを読む