株式会社クライム

クラウド対応
Climb Cloud Backup for Microsoft365
Climb Cloud Backup & Security
Climb Cloud Backup for Google Workspace
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Azure
Veeam Backup for Microsoft Office 365
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
VirtuCache(バーチャルキャッシュ)
HyTrust(ハイトラスト)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
ストレージ関連
StarWind(スターウィンド)
ARTESCA(アルテスカ)
ExaGrid(エクサグリッド)
Blocky for Veeam(ブロッキー)
監視/管理
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
データベース・アクセス
Syniti Replicate(スィニティ)
GlueSync(グルーシンク)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
Accelario(アクセラリオ)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
技術サポート
Web遠隔サポート
技術専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無償評価版取り扱い製品
総合問合せ窓口
イベント&セミナー
セミナー情報
製品別個別セミナー
イベント出展情報
サポートトップへ
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

Microsoft 365向けの強力なデータ保護ソリューション

Microsoft 365のデータ保護は不要と思っていませんか? それは大きな誤解であり、実際にデータ損失が発生した場合、Microsoft側の機能だけでは復旧できない可能性が大いに考えられます。そのため、原則ユーザ側でデータを管理、保護する責任があります。

  • バックアップサーバ不要

    バックアップサーバ不要

    Web管理画面のみで、Microsoft 365のバックアップを完結、トータルバックアップコストを低減
  • M365の包括的なバックアップ

    M365の包括的なバックアップ

    メール、OneDrive、連絡先、カレンダー、SharePoint、Teams のバックアップが可能
  • バックアップ先オブジェクトストレージの豊富な選択肢

    バックアップ先オブジェクトストレージの豊富な選択肢

    ユーザで用意するかClimb Cloud Backup側で用意したものを使用するか選択が可能

Accelarioで迅速なチーム運営

Climb Cloud Backup for Microsoft 365では、Microsoft 365の包括的なバックアップソリューションを提供し、任意のクラウドストレージへのデータ保護を実現します。バックアップサーバ等の用意は必要ありません。要件にあった適切なデータ保持ポリシーを維持し、コンプライアンス要件を遵守することが可能です。

関連製品:Microsoft 365 以外もバックアップが必要なら
Climb Cloud Backup & Security」セキュアなクラウドストレージへのバックアップopen_in_new

関連製品:任意のクラウドストレージへGoogle Workspaceのバックアップを実施したいなら
Climb Cloud Backup for Google Workspace」シンプルで信頼性の高いGoogle Workspaceバックアップopen_in_new

  • Microsoft 365データ
    損失の回避

    Microsoft 365データ損失の回避

    Microsoftはインフラストラクチャに関しては責任を持ちますが、データの保持に関してはユーザ側に任せています。Climb Cloud Backup for Microsoft 365は、M365データを簡単に保護、復元することができます。

  • 柔軟性のあるデータ復元

    柔軟性のあるデータ復元

    数回クリックするだけで、メールボックスアイテム、OneDriveファイル、連絡先、Office 365カレンダー、SharePointファイルといった個々の任意のオブジェクトを細かく復元できます。

  • 定期的なバックアップや
    保持ポリシーの設定

    定期的なバックアップや保持ポリシーの設定

    手動実行はもちろん、1日に最低2回自動的にバックアップが実行されます。バックアップ保持ポリシーを、オブジェクト単位で設定することも可能です。

  • ランサムウェアからの保護

    ランサムウェアからの保護

    ポイントインタイムバックアップを使用してセキュリティをさらに強化し、重要なファイルを失うリスクを排除できます。

特長

WebコンソールからM365バックアップを一元管理
単一のWeb管理画面から、Outlook メール、OneDrive、連絡先、カレンダー、SharePoint、Teamsといった 、 Microsoft 365の各種オブジェクトのバックアップが実施できます。バックアップサーバを構成する必要はなく、Climb Cloud Backup for Microsoft 365のWeb管理画面から全てのデータ保護運用が可能です。

WebコンソールからM365バックアップを一元管理

PST ファイルとしてのエクスポート
バックアップされたメール、連絡先、カレンダーを、PSTファイルとしてエクスポートすることも可能です。アイテムレベルはもちろん、一度に複数のメールボックスに対して実施することもできます。これにより、電子メールの容易かつ迅速な復旧や、ローカルへ保存し、オフラインな状態として保護するということも可能です。

PST ファイルとしてのエクスポート

任意のクラウドストレージへのバックアップ
バックアップ先として、Amazon S3、Microsoft Azure、Wasabi、Backblaze B2、Google Cloud Storage、S3 互換のオブジェクトストレージをサポートしています。
またオプションとして、 Climb Cloud Backup側で用意しているバックアップ先オブジェクトストレージに保護することもでき、これによりSaaS型ソリューションのような利用も可能です。

任意のクラウドストレージへのバックアップ

ユーザー向けの柔軟なバックアップオプション
M365側でユーザが追加された場合に、自動的にClimb Cloud Backup for Microsoft 365のバックアップ対象として追加するなど、運用向けの柔軟なオプションもご用意しております。特定のユーザのみや、複数のユーザに対して一括でバックアップ構成を行うといったことも可能です。

ユーザー向けの柔軟なバックアップオプション

詳細資料

ユーザガイド

※本製品は「Microsoft 365 Backup with MSP360 Managed Backup」を使用し提供しております。

シェア
ツイート