株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Maxta(マクスタ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


すべてのデータ統合プロジェクトを効率的に

クラウドへの対応力
最新技術に対応した、クラウドへの効率的な処理
GUIでNoSQLやHadoop、ビッグデータを管理
ビジネスインテリジェンス
BIシステムを素早く、簡単にセットアップ
エンタープライズなアプリケーション統合
複雑なシステムも簡単にデータ連携
マスターデータ管理
一貫性のある合理的な参照データを
データ移行・レプリケーション 新システムへのデータ移行やバックアップに
eコマースソリューション Webプロジェクト(電子商取引、リアルタイムWebサービスなど)の開発を容易に

クラウド対応力

E-LTアーキテクチャによる効率的な処理

従来のETLツールでは独自エンジンによる処理を行うためにクラウド上のデータを抽出、それをクラウドに戻すという非効率な処理を必要とします。これに対してStambiaのE-LTアーキテクチャは独自エンジンを必要とせず、データはクラウド内で処理され、ネットワークトラフィックや無駄なデータ移動を避け、効率的な処理を実現、アーキテクチャ全体でのコストを大幅に削減できます。

最新のWebサービス、XML、JSONに対応する開発を可能に

クラウドアプリケーションの主要なコンポーネントは、WebサービスやアプリケーションレベルのAPI(SAP BapisやIdocなど)やXMLやJSONなどの階層的なフォーマットを扱う複雑なテクノロジーです。このようなフォーマットを扱うために従来のデータ統合ツールでは、追加の手順を必要とし開発者を困らせることがありましたが、Stambiaのモデル駆動アプローチでは単純なファイルを使用するのと同じ容易さで利用できます。

クラウドコネクタ

開発の容易さとパフォーマンスを改善するために、StambiaではSalesforceやAmazon専用のコネクタを用意しています。詳細はこちら(機能-データ接続)

クラウド対応力

ビッグデータ、Hadoop、NoSQL

StambiaはHadoopまたは、Hive、Cassandra、Elastic Search、Mongo DBなどのNo SQLへのコネクタも提供し、任意のデータソース(ベース、アプリケーション、ファイル、ソーシャルメディア、ログなど)から、そのデータをHadoopまたはクラウドインフラストラクチャにロードできます。Stambiaのデータ統合ソリューションは、このようなプロジェクトの多種なデータソース、データ容量を迅速かつ正確な管理を提供することで以下のようなニーズに答えます。

ビッグデータ、Hadoop、NoSQL

ビジネスインテリジェンス(BI)

StambiaではBIシステムに必要なフローを、0からコーディングするのではなく、各処理をGUIから組み立てることができます。また各種データソース(データベースやアプリケーション、ファイルなど)に接続でき、E-LTアーキテクチャでデータ処理を行う専用のエンジンを新たに追加することなく、パフォーマンスの高いデータ収集、制御、統合を実現できます。これにより、Stambiaを使用することでコストパフォーマンスの高い、BIシステムを迅速にセットアップし、以下のようなニーズを満たすことができます。

ビジネスインテリジェンス(BI)

エンタープライズなアプリケーション統合

情報システムは新たな課題に対応するためより複雑に、そして、複雑な新しいタイプの技術(クラウド、ビッグデータなど)も出てきます。これらを活用するために、異なるアプリケーション間での連携が重要になってきます。そのために発生する以下のようなニーズをStambiaが解決します。データの変更を検出し、サービスやアプリケーションに対してただちに送信することで、各種アプリケーション間でデータ連携を実現、リクエストをスピーディに処理し、顧客、パートナー、サプライヤに提供するサービスを最適化できます。

エンタープライズなアプリケーション統合

マスターデータ管理プロジェクト

Stambiaはデータソースの変更を検出できるチェンジデータキャプチャ(CDC)メカニズムが組み込まれています。この変更をStambia のMDMソリューションに送信し、参照データを構築できます。統合フローやStambia MDMのルール定義により、不要データを排除し、ビジネスルールに合わせた、確かなデータ品質と重複排除、コンプライアンスを実現できます。

マスターデータ管理プロジェクト

データ移行・レプリケーション

新しいアプリケーションへのデータ移行やバックアップのためにStambiaを活用できます。Stambiaを使用し、移行のステップや移行後のデータ検証などのステップで必要になる処理を組み立てることができます。

データ移行・レプリケーション

eコマースソリューション

eコマースソリューションやWebソリューションを新たに実装する際に、他の情報システムとデータ連携が必要になるケースは多々あります。このような際にStambiaを活用し、データのフローを組み立てることで迅速に電子商取引を行うWebサイトを実装できます。

eコマースソリューション


動画で見る
Stambia
Webセミナー

(約35分)

© 2007-2017 Climb Inc.