株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Kasten K10 PLATFORM
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会


Veeam Agentによる物理マシンのバックアップ

Veeamで行うLinuxマシンのデータ保護ツール

Veeam Backup&Replicationは仮想マシンのエージェントレスバックアップに加えて、インフラストラクチャ内の各物理マシンやクラウドマシンに対してVeeam Agentを導入、管理することができ、Veeam Agentを介したエージェントベースの保護も実施可能です。データを保護するマシンでVeeam Agentのインストールやセットアップ操作は不要です。
Veeam Backup&ReplicationコンソールからVeeam Agentの展開、管理、データ保護、災害復旧等の各タスクをリモートで実行できます。
※Veeam Agentを使用したバックアップを実行するには、別途下記Veeam Agent製品に対応するライセンスが必要となります。

Veeam Agent for Microsoft Windows ≫

Veeam Agent for Linux ≫

エージェントの自動デプロイ

Veeam Backup & Replicationコンソール上の設定から、Veeam Agentによってデータ保護を実施するマシンを自動的に検出させ、これらのマシンにVeeam Agentをリモートで導入することができます。
Veeam Agentがインストールされた全てのマシンは、Veeam Backup&Replicationコンソールから一元的に管理できます。

エージェントの自動デプロイ

エージェントの自動デプロイ

バックアップの一元設定

Veeam Backup & Replicationから、Veeam Agentを使用したバックアップジョブ/ポリシーを作成することが可能です。

ジョブとして作成した場合はデータ保護マシン上に最小限のエージェントコンポーネントのみを配置、Veeam Backup & Replicationがデータ処理を管理し、バックアップを実行します。
このためデータ保護マシンに対して最小限のフットプリントで処理が可能ですが、バックアップ時にVeeam Backup & Replicationとの通信が必須であり、常にVeeam Backup & Replicationと通信可能なサーバ機での利用に適しています。

ポリシーとして作成した場合は、データ保護マシン上にはスタンドアロンで利用する場合と同様のエージェントが配置され、Veeam Backup & Replicationはこれへのポリシーを適用を行います。そしてバックアップのデータ処理の管理はエージェント自体が実施します。
このため、Veeam Backup &Replicationとの通信をバックアップ時に必要とせず、常に通信が行えるとは限らないモバイルユーザのマシンのバックアップに適しています。ただし、その分、データ保護マシン上のフットプリントが大きくなります。

バックアップの一元設定

バックアップデータを集中管理

Veeamのバックアップリポジトリに上に作成されたVeeam Agentを使用したバックアップデータも、Veeam Backup & Replicationコンソール上に表示されます。
Veeam Agentを介してバックアップされたデータから、各種復旧操作や2次バックアップ(ディスク to ディスク、ディスク to テープ)、オブジェクトストレージへのアーカイブの構成も可能です。これにより仮想環境と物理環境のバックアップデータをVeeam Backup & Replicationで集中管理することができます。
復旧操作に関しては、ボリューム単位、ファイル/フォルダ単位のリストアや、Veeam Explorerを使用したアイテム単位のリストアに加え、仮想ディスク(vmdk, VHD, VHDX)でのエクスポートや、VMware vSphere/Microsoft Hyper-Vの仮想マシンとしてインスタントVMリカバリ、AWS/Microsoft Azure環境へのダイレクトリストアなど柔軟な復旧を実現できます。
※Microsoft Hyper-VへのインスタントVMリカバリはWindowsマシンのみ対応

バックアップデータを集中管理

 
動画でみる
Veeam B&R セミナー

(約35分)
概要
v10新機能
Hyper-V特集
処理の流れ
構成例
DR構成例
対応プラットフォーム・要件
キャンペーン
機能
特長
共通(基本)
共通(応用)
バックアップ
リストア
レプリケーション
クラウド対応
Azure
AWS
サービスプロバイダ向け
物理対応
Windows
Linux
資料
カタログ・セミナー動画
他社製品との比較
導入事例
ホワイトペーパー
購入・サポート
ライセンス・エディション比較
サポート体制
仮想化メリット
開発元について
30日無料評価版
お問合せ
テクニカルブログ
Veeam製品の最新情報をテクニカルブログで配信しています。
製品一覧
Veeam 関連製品一覧
Veeam Backup & Replication
Veeam ONE
Veeam Agent for Microsoft Windows
Veeam Agent for Linux
Veeam Essentials
Veeam Cloud & Service Provider
Veeam Availability Orchestrator

© 2007-2020 Climb Inc.

動画でみる
Veeam
統合管理
Webセミナー

(約40分)