SQL Server クエリ・パフォーマンス・アナライザー・ツール [DPA]


SQL Server のクエリおよびインデックスのトレース、分析、および改善

SQLアナライザーを使ってチューニングし、パフォーマンスを向上

View of SQL Server Query Analysis capabilities.

SQL をチューニングすることで、データベース全体のパフォーマンスを高速化することができます。しかし、効果的なデータベースチューニングを行うには、上位のSQL文、上位の待機型、SQLプラン、ブロックされたクエリ、リソース競合、および見つからないインデックスの影響を理解する必要がある場合があります。

Database Performance Analyzer (DPA)は、SQLステートメントを分析し、パフォーマンスの問題を特定して解決する最速の方法を提供するために設計されたSQLクエリアナライザーツールです。

 

24時間365日のSQLパフォーマンス監視でクエリ分析を通知

DPA Alerts and Reports

DPA SQLアナライザーは、パフォーマンスデータを統合して表示するように設計されており、3~4回のクリックで遅いクエリの根本原因をより簡単に切り分けることができます。

DPAは、物理サーバーやVMware上で動作するSQL Server、Oracle、DB2、SAP ASEを1%未満の負荷で24時間監視します。

 

リソース・プロビジョニングとデータベース・パフォーマンスの整合

DPA Application Centric View of Database Performance

DPAは、リソース・プロビジョニングをデータベース・パフォーマンスと整合させ、リソース・プロビジョニングがデータベースのレスポンスタイムにどのような影響を与えるかを特定するのに役立ち、ハードウェア推奨についてより明確な指示を与えるのに必要な情報をユーザーに提供します。また、DPAは、VMwareインフラストラクチャとそれがデータベースパフォーマンスに与える影響について、開発者にユニークな視点を提供します。

 

SQLクエリのパフォーマンスアナライザーから、明確で実用的なアドバイスを取得

DPA Real Time Historic Monitoring

DPAは、5年前から5秒前までのデータポイントの照合、分かりやすい棒グラフによるパフォーマンスの経時変化、問題に関する詳細データを提供するアラーム機能など、パフォーマンス活動の豊富な履歴記録を作成するように設計されています。

また、DPA SQLクエリ・パフォーマンス・アナライザーに組み込まれたTable Tuning Advisorは、開発者が直ちに対処すべき問題を指摘し、明確で実行可能なアドバイスを提供するのに役立ちます。

 

SQLデータベースアナライザを使用して、本番環境で実行されているクエリのパフォーマンス詳細を表示

DPA Performance Intelligence

本番サーバーのクエリパフォーマンスにアクセスすることで、アプリケーションパフォーマンスの洞察を開発サイクルに組み込むことができるため、SQLパフォーマンスの向上に役立ちます。

DPAのSQL Serverクエリアナライザは、負荷が1%未満の開発サーバー、テストサーバー、および本番サーバーを監視するように設計されています。DPAダッシュボード内で、開発者は本番データベースにドリルダウンして、コードのパフォーマンスをよりよく理解することができます。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください