Salesforce(セールスフォース)からデータを取り込み、独自グラフ、レポート、ダッシュボードを作成, Webに展開


EspressシリーズではSalesforce(セールスフォース)をデータソースとして利用できます。これにより、デザインや独自チャートの組み込み、サブレポートやドリルダウンを用いたレポートなどを用いて会社専用に様々なカスタマイズを施したレポートやダッシュボードなどを作成、配信が可能です。

具体的な利用としては、まずデータレジストリにSalseforceのユーザ名とパスワードを登録します。


その後、登録したSalseforceとの接続にデータを読み込むためのSOQL文を登録します。

通常のデータベース等の場合と同様に、SOQL文内にパラメータを設定することも可能です。

このように作成したデータソースを用いて独自のグラフやレポートを簡単に作成できます。

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください