EspressDashboard – 日本語化(アプリ部分)【Java対応ダッシュボード配信ツールEspressDashboard】


▼ 事前準備

1. EspressDashboard インストールディレクトリ直下にある
 「EDAB_Language.xml」が言語マッピングファイルです。
 必要に応じてファイル名を変更してください。
 (ここでの説明では「Japanese.xml」とします。)

▼ 日本語化設定方法(マッピングファイルを直接編集)

1. Japanese.xml をテキストエディタ等で開き、日本語化設定します。
 

タグがオリジナル名となっており、
 タグに日本語を設定します。

▼ 日本語化設定方法(Translate Wizard を使用)

1. マッピングファイルを直接編集せずに「Translate Wizard」というツールを
 使用することも出来ます。

2. コマンドプロンプトを開き、作業ディレクトリを EspressDashboard インストールディレクトリに移動します。
 cd c:espressdashboard

3. 下記のコマンドを実行します。
 c:EspressDashboard>java -classpath "./lib/EDABOrganizer.jar;.;" quadbase.internationalization.TranslateWizard -file:EDAB_Language.xml -enc:Shift_JIS

4. Translate Wizard が起動します。
 「Original Text」がオリジナル名となっており、
 「Translation」に日本語を設定します。
 最後に「Save」を押下して保存します。

▼ 日本語化適用方法

1. 「Organizer.jsp」に下記コードを追加します。
<param name="file" value="Japanese.xml" />
<param name="enc" value="Shift_JIS" />
<param name="xmlEncoding" value="ISO-2022-JP" />

2. 「index.jsp」を下記のように追加修正します。

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください