株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Oracle Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Azure
Veeam Backup for Microsoft Office 365
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
VirtuCache(バーチャルキャッシュ)
HyTrust(ハイトラスト)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
技術サポート
Web遠隔サポート
技術専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無償評価版取り扱い製品
総合問合せ窓口
イベント&セミナー
セミナー情報
製品別個別セミナー
イベント出展情報
サポートトップへ
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00 ※ 感染症対策による受付時間変更について


Zertoのアーキテクチャ

ハイパーバイザ間レプリケーション

各vCenter/SCVMMごとにゼルトバーチャルマネージャー(ZVM)をWindowsマシンにインストールします。このZVM同士をペアリングし、レプリケーションの構成やフェイルオーバーを実施します。このZVMのGUIから実際のデータ処理を行うゼルトバーチャルレプリケーションアプライアンス(VRA)をセットアップします。VRAは初期同期を実施後、仮想マシンからの仮想ディスクへの変更をキャプチャし、ジャーナルとして転送します。これにより数秒から数十秒単位でのRPOを実現可能です。

ハイパーバイザ間レプリケーション


パブリッククラウドへのレプリケーション

Amazon Web Service

AWSへレプリケーションする場合には、AWS EC2インスタンス(Windows)上にゼルトクラウドアプライアンス(ZCA)をインストールします。このZCAと各サイトのZVMをペアリングし、レプリケーション、フェイルオーバーなど設定できます。ZCAは転送されてきた仮想マシンのデータ、ジャーナルをS3インスタンス上に保存し、フェイルオーバー時にはこのデータから仮想マシンをEC2インスタンスとしてデプロイします。

AWSへのレプリケーション


Microsoft Azure

Azureへのレプリケーションでも、AWSの場合と同様にAzure仮想マシン(Winows)上にゼルトクラウドアプライアンス(ZCA)をインストールします。このZCAと各サイトのZVMをペアリングし、レプリケーション、フェイルオーバーなど設定できます。ZCAは転送されてきた仮想マシンのデータをページBlob、ジャーナルをブロックBobとAzureのストレージアカウント上に保存します。このときデータはすぐに利用できる変換済みの形式で保存されているため、フェイルオーバーの際にはそのデータをディスクにコピーし、作成されたAzure仮想マシンにマウント、即座に復旧が可能です。

Azureへのレプリケーション


パブリッククラウドからのレプリケーション

ZertoでAWS/Azureへ移行や災害復旧のために起動したVMをオンプレミスのVMware/Hyper-Vへレプリケーション可能です。またAzureからAWS、AWSからAzure、AzureからAzureというクラウド間でのレプリケーションも可能です。パブリッククラウドをソースとする場合、ハイパーバイザとは異なり、VMからの書き込み自体をキャプチャすることはできないため、定期的に仮想マシン/インスタンスのスナップショットを作成、スナップショットから増分データブロックを検出して転送することでレプリケーションを行います。
※AWSからAWSへのレプリケーションに関しては次期バージョンで対応予定

パブリッククラウドからのレプリケーション





Zerto
技術ブログ
動画で見る
Zerto 8.0
Webセミナー

約35分
ホーム
概要
特長
アーキテクチャ
機能
対応プラットフォーム
Zerto 新機能
v9.0新機能
v9.0新機能
v8.5新機能
資料
カタログ・技術資料
ホワイトペーパー
購入
ライセンス体系
導入までの流れ
サポート体制
30日間無料評価版
お問合せ・お見積
テクニカルブログ
Zertoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2022 Climb Inc.