株式会社クライム

年末年始のお休み:2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
N2Ws Cloud Protection Manager
(クラウドプロテクションマネージャー)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Accops(アコップス)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


Zerto Virtual Replication の機能

数秒単位のRPOでデータ損失を最小に

複製されたデータはジャーナル履歴により数秒間隔のチェックポイントを最長30日間、保持しています。これにより障害の直前から任意のタイミングまで巻き戻して復旧可能です。

数秒単位のRPOでデータ損失を最小に


グループ単位でのレプリケーション

バーチャルレプリケーショングループ(VPG)ごとにレプリケーションを実施します。これによる仮想マシン、論理ユニットの整合性を保ち、アプリケーションを完全に保護可能です。VPGごとに優先順位、RPOを設定できますのでポリシーに合わせて柔軟にレプリケーションを構成できます。

グループ単位でのレプリケーション


1対多のマルチサイトレプリケーション対応

1台のVMを同サイト内や複数サイトに同時にレプリケーションが可能です。これには当然、異なるハイパーバイザ間(VMware vSphere/ Microsoft Hyper-V)やパブリッククラウド(AWS/ Azure)へのレプリケーションも含まれます。この機能は言い換えると一つのVMを複数のVPG(仮想保護グループ)に登録可能であるということであり、ジャーナル保持履歴とSLAに最大限の柔軟性を提供します。またこの機能による、保護対象VMのパフォーマンスやRPOのパフォーマンスに影響はありません。

1対多のマルチサイトへのレプリケーション


豊富なフェイルオーバーオプション

Zertoでは運用サイトからフェイルオーバーにより起動した復旧サイト上の複製VMを、その後どのように扱うかといった際のオプションが豊富に用意されています。フェイルオーバー後に運用サイトが利用可能な状態に復旧した場合には、フェイルオーバー前の元々のレプリケーションが実施されていた状態に切り戻し、復旧サイトでそのまま複製VMを運用VMとして利用する場合にはコミット、またこの際に復旧サイトが利用できるのであれば逆方向のレプリケーションを自動的に作成するリバースプロテクションを実施できます。また移行用に運用VMを自動的にシャットダウン後の最新の状態でフェイルオーバーするムーブオプション、事前作成したテスト用の設定(ネットワーク等)で複製VMを起動するテスト・フェイルオーバーオプションも用意されています。

ジャーナルファイルリストア


ジャーナルファイルリストア

ジャーナルを活用し、最長30日間、数秒間隔のチェックポイントから任意の時点のWindows Linux ゲストOSのファイルをリストア可能です。

ジャーナルファイルリストア
画像をクリックすると拡大表示します

ジャーナルファイルリストア
画像をクリックすると拡大表示します


長期的な世代保持用途としても活用可能

Zertoではジャーナル保持期間以上の長期保管用途として、Long Term Retention機能を搭載しております。複製したVMのデータから週次、月次といった単位で長期保管用のバックアップを作成するので、運用環境への負荷なしに世代要件を満たすことができます。この長期保管は増分バックアップとして世代保存されるため、ストレージ使用量を抑えたデータ保護を実現します。

長期的な世代保持用途としても活用可能


モバイルからもステータスを確認「Zerto Mobile」

確実な保護が行われているのか、きちんと復旧ができるのかといった不安は多くの場合、保護された環境を監視することの難しさから生じる問題です。Zerto Virtual Replication では新しいSaaS配信のモバイルアプリを導入することでこの問題を解決します。リモートからスマートフォンを使用し、複数のZVM(Zerto仮想マネージャ)、VPG(仮想保護グループ)、実行中タスクのアラートをいつでも、どこからでも確認できます。このアプリはAndoroidとiOSプラットフォーム両方で提供予定であり、全てのデータは、暗号化されたクラウドサービスとバックエンドのデータベースに格納され、インターネットを介して暗号化され送信されます。アクセスはMyZertoによりコントロールされ、安全な管理を可能にします。

モバイルからもステータスを確認「Zerto Mobile」





動画で見る
Zerto
Webセミナー

約40分
ホーム
概要
特長
アーキテクチャ
機能
対応プラットフォーム
Zerto 新機能
v6.5新機能
v6.0新機能
v5.5新機能
資料
カタログ・技術資料
ホワイトペーパー
購入
ライセンス体系
導入までの流れ
サポート体制
30日間無料評価版
お問合せ・お見積
テクニカルブログ
Zertoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2018 Climb Inc.