PostgreSQLパフォーマンス・チューニング・ツール(クエリアナライザ付き) [DPA]


Database Performance Analyzer(DPA)は多次元クエリ分析によりPostgresの重要なメトリクスを可視化し、パフォーマンスの問題を正確に特定します。

 

 

クラウドからオンプレミスまでのPostgreSQLをカバー

 

DPA Cloud to on Premises Postgres

PostgreSQLデータベースインスタンスは、Linux、Windows Server、VMware仮想マシン、クラウドプラットフォームなど、どこで稼動していてもDatabase Performance Analyzer(DPA)がカバーします。

PostgreSQLプラットフォームのサポートは以下のとおりです。

  • PostgreSQL
  • EDB Postgres
  • Azure Database for PostgreSQL
  • Amazon RDS for PostgreSQL
  • Amazon Aurora for PostgreSQL
  • Google Cloud SQL for PostgreSQL

DPAのPostgreSQLデータベース管理へのハイブリッドアプローチは、エージェントレスアーキテクチャと1%未満のオーバーヘッドで、データベースパフォーマンスのチューニングと最適化へ一元的なビューで提供します。

 

重要なPostgreSQLメトリクスの可視化

 

DPA Metrics Postgres

DPAの24時間365日、秒単位のデータ収集により、ディスク、メモリ、ネットワークなどの主要なシステムメトリクスを含むPostgreSQL環境の幅広いメトリクスのセットを測定します。さらに、PostgreSQL固有の主要なメトリクスを簡単に利用することができます。

キャッシュエビション
チェックポイント
レプリケーション
バキューム
行の操作
ライセンスコンプライアンス

これらの指標と、リアルタイムおよび履歴ビューを組み合わせることで、DBA(データベース管理者)はPostgreSQLのチューニング指標に簡単にアクセスすることができます。

 

機械学習+クエリアドバイザ=PostgreSQLの最適化

DPA Query Advisors Postgres

DPAの異常検知は、時間の経過とともに賢くなる機械学習をベースに、季節性を利用して何が正常で何が正常でないかを判断しています。この強力な機能により、DBAは意識していなかったものも含め、パフォーマンスの問題を通常数秒で発見することができます。

機械学習と高度な待ち時間解析の組み合わせにより、クエリが影響を受けている理由と場所を示し、従来の監視ソリューションでは実現できなかったPostgreSQLの最適化の可視性を提供します。

DPAは、パフォーマンス低下の原因を指摘するクエリアドバイザによる専門的なアドバイスによって、PostgreSQLのチューニングをさらに一歩推し進めます。

 

PostgreSQL Azure、AWS、Googleのチューニングを徹底紹介

DPA Aurora Postgres

クラウドコンピューティングプラットフォーム上でPostgreSQLを実行する場合、パフォーマンスの最適化とチューニングが重要です。なぜなら、計算リソースの対価として、非効率的で不適切なクエリは、フロントエンドアプリケーションのパフォーマンスへの影響は言うまでもなく、コストにつながる可能性があるからです。

DPAは、PostgreSQLのパフォーマンス管理に対して、以下のような全体的なアプローチを提供します。

  • リアルタイムおよびヒストリカルビュー
  • 24時間365日、秒単位のデータ収集が可能
  • シンプルでエージェントレスな実装により、オーバーヘッドを1%未満に抑えることができます。
  • ポストグレスに特化したレポート(アドホックまたはスケジュール型
  • 機械学習による異常検知
  • 多角的なクエリ待ち時間分析
  • 問題箇所をピンポイントで特定するクエリアドバイザ
  • システムおよびPostgreSQLの両方のメトリクス
  • SQLテキストへのドリルダウンとライブプランの実行
  • ドラッグ&ドロップでカスタマイズできるメールアラートテンプレート
  • 自動化統合のためのRESTful API

DPAは、物理サーバーやVM、Azure、AWSのサービスとして実装することができます。


仮想化されたPostgreSQLの統合監視

DPA VM Postgres

DBAは、PostgreSQLのパフォーマンスチューニングと分析に関して、しばしば指南役となります。誰かがアプリケーションのパフォーマンス低下について不満を漏らすと、データベースのバックエンドが最初に非難されることがよくあります。

しかし、PostgreSQLインスタンスがVMware仮想マシンで動作している場合はどうでしょうか。多くの場合、DBAはPostgreSQLインスタンスをサポートする仮想インフ ラの影響(もしあれば)を全く見ることができません。DPA VMオプションによる統合仮想化監視は、VMがPostgresの性能問題を引き起こしているかどうかを判断するために必要なデータをDBAに提供します。VMのメトリクスとデータベースのメトリクスを重ねた独自の「タイムスライス」ビューから、詳細なESXiホストのメトリクスまで、DBAはPostgreSQLインスタンスへの影響を判断するのに必要なデータを手に入れることができます。

関連したトピックス