株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Availability fot Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
Database Performance Analyzer(DPA)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > EspressReport > 機能詳細

機能詳細

レポートタイプ

EspressReportはレポートデザインのフレームワークとして 5 つの基本的なタイプを使用します。
各レポートタイプは特別なデータマッピング オプションを持ち、直感的なウィザードを使用して実行します。
最初のレポートにデータが多くなった時、ユーザはレポートのほとんどすべてのエレメントをカスタマイズできます。

シンプルな段組によるレポート(Simple Columnar Report)

これはすべてのレポートタイプでもっともベーシックなものです。
グループ化やブレークがないシングルテーブルでのデータです。

概要説明レポート(Summary Break Report)

シンプルな段組によるレポートのように、概要説明レポートは縦式データをとったり、表形式で表されたりします。
しかし、ユーザはセクションでデータをブレークしたり、サマリーのフィールドを挿入したりできます。

レポートタイプ:クロスタブ レポート(Cross Tab Report)

クロスタブ レポートはミックス型のフォームで縦データの表示、要約するレポートフォーマットです。
クロスタブ レポートはスプレッドシートに似ています。
列と縦列は要約され、複数次元データは2次元データに表示が可能になります。

レポートタイプ:総合及び詳細レポート(Master & Details Report)

総合及び詳細レポートはマスターフィールドによるグループ化された表データのセットです。
マスターフィールドは通常はデータフィールドにデータと1対複数の関連をもっています。

レポートタイプ:メール・ラベルのレイアウト

メール・ラベル用のレイアウト出力

レポートデザイナ

シンプルなビジュアルデザイン環境のReportDesignerを使用すれば、
独自のレポートを簡単に作成・発行することができます。
ドラックアンドドロップによるGUIによってレポートのオブジェクトを素早く挿入したりフォーマットを行い、
即座に結果をプレビューすることができます。
参照ビルダとレポートウィザードツールによって、ほんの数分の操作で様々なデータソースからプロフェッショナルな外見のレポートを作成することができます。
ReportDesignerはレポートやテンプレートを保存することに加えて、レポートをHTML、DHTML、PDF、CSV、Excel、およびXMLフォーマットに書き出すことができます。

レポートビューワ

ReportViewerはアプレットコンポーネントを使用したWebブラウザ経由でのクライアント・メカニズムで、他の形式にエクスポートすることなく、レポートのテンプレートを直接確認することができます。

EspressManager

データベース・アクセスを可能にするスタンドアローン・サーバです。

レポートAPI

Report API を使用してサーブレット、JSP、アプリケーションにレポーティング機能を組み入れることが可能です。Report API でユーザ パラメータをベースにレポートをすばやく作成できます。そしてクライアントのブラウザに直接ストリームしたり、サーバ上に作成したレポートをキャシュしたりすることができます。API を使用してほとんどのレポート オブジェクトをコントロールでき、レポートは単純にプログラム化してデザインができます。また API は実行時にレポートのプロパティーを変更している間、Report Designer で構築されたテンプレートを稼動できます。


ドリルダウン

ドリルダウンはトップのレポート/チャートから下位の情報を引き出すドリル的な手法です。 EspressReport はこの機能をサポートし、レポートとチャートが簡単に展開できるようのいくつかの手法を提供します。この EspressReport のドリルダウン手法を利用することによりユーザは書くドリルダウンのレベルで 1 つのレポート・テンプレートを利用するだけすみます。レイヤー間のリンクは自動で処理され、関連するサーブレットに展開されます。この機能を使用することにより高機能なレポート作成が可能です。

Scheduler(スケジューラ)

EspressReport にはユーザがレポートとプロセスをスケジュールできるスケジューリング・アプリケーション(Scheduler)を含んでいいます。そのインターフェイスを使用してレポート・テンプレートか、コマンドラインで時間か、時間間隔でスケジュールすることができます。レポートはファイルシステムにエキスポートか、電子メールで転送することができます。スケジュールは別々のパラメータ値とセキュリティレベルで設定可能です。API を使用してユーザがスケジュール・ジョブをプログラムでアクセス・変更することもできます

▲ ページトップへ

お電話でのお問い合わせはこちら
03-3660-93369:00~18:00(土日・祝日を除く)
※サポートサービスご契約中のお客様は専用フォームよりお問合せください。

含まれる製品: 含まれる製品
EspressReport ES サンプルサイトはこちら

動画で見る
EspressReport Webセミナー

(約30分)