株式会社クライム

年末年始のお休み:2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
N2Ws Cloud Protection Manager
(クラウドプロテクションマネージャー)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Accops(アコップス)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > EspressReportES > Ver.7の新機能

EspressReport ES Ver7 新機能!!
ユーザビリティ・カスタマイズ性の強化

様々なデータをわかりやすく、簡単にグラフやチャートに出力できるEspressReport ESの最新バージョン7が公開されました!GUIもマテリアルなデザインに一新され、従来より直感的に、簡単に使用することができるようになりました。データの密度を可視化することができる「ヒートマップ機能」やBYOD強化として「Responsive Dashboard」が新たに追加され、出力可能なグラフやチャートの幅が広がりました。
最新新機能については、下記ドキュメントをご覧ください。
[EspressReport ES] Version7 新機能ガイド

オンラインマップの導入

Quick DesignerやMap Designer、SVG Mapsなどの機能を使用する際、ERESの使い方をわかりやすく図解するダイアグラムが追加されました。これによって、ユーザはERESの使用方法をいち早く理解することができます。

オンラインマップの導入


チャートタイプの変更

Dashboardのプレビュー画面にて、チャートタイプの変更が可能となりました。再度作成画面に戻って変更し、プレビューすることなく、より簡単にチャートタイプの変更が可能となりました。

チャートタイプの変更


Responsive Dashboard タイプの追加

既存のDashboardに加えて、新たにResponsive Dashboardが追加されました。
このDashboardはユーザが指定した画面の幅に沿って、モバイル環境にて閲覧する際に最も適した画面表示を提供します。自動的に指定した画面幅に基づいてダッシュボードの配置を変更し、手動で配置を修正することも可能です。このダッシュボードを使用することによって、モバイルユーザに対してもこれまで以上に見やすくわかりやすいダッシュボードを提供することが可能となりました。
詳細については、こちらのブログをご確認ください。

Responsive Dashboard タイプの追加


オンラインマップへヒートマップ機能の追加

データソースのカラムの値に応じてマップポイントを異なる色で表現することが可能になりました。特にデータの密度を可視化したいときに、非常に便利な機能です。また、ヒートマップ方式も2種類用意しており、最大値と最小値を設定し、その間をグラデーションで表現するTransition ヒートマップと、境界値を指定し、色分けを行うThreshold ヒートマップを提供しています。

Responsive Dashboard タイプの追加
Transitionヒートマップ


Responsive Dashboard タイプの追加
Thresholdヒートマップ

詳細については、こちらのブログをご確認ください。

▲ ページトップへ

お電話でのお問い合わせはこちら
03-3660-93369:00~18:00(土日・祝日を除く)
※サポートサービスご契約中のお客様は専用フォームよりお問合せください。

含まれる製品: 含まれる製品
EspressReport ES サンプルサイトはこちら

動画で見る
EspressReport ES Webセミナー

(約30分)