株式会社クライム

年末年始のお休み:2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
N2Ws Cloud Protection Manager
(クラウドプロテクションマネージャー)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Accops(アコップス)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会


Veeam Agent for Linux

Linux物理マシンのバックアップサポート!

Veeamで行うLinuxマシンのデータ保護ツール

Veeamで行うLinuxマシンのデータ保護ツール

Veeam Agent for Linuxは物理環境のPCやクラウド上に存在するマシンのバックアップ・リストアを行うソリューションです。
システムのクラッシュやハードディスクの故障により、データ破損が発生した場合でもVeeam Agent for Linuxを使用することで、データを即座に復旧させることが可能です。
ウィザード、コマンドラインの2つの方法でバックアップ、リストアを行うことが可能です。

以下のLinuxディストリビューションに対応しています。

  • Debian 6 – 9.4
  • Ubuntu 10.04 – 18.04
  • CentOS / RHEL 6.0 – 7.5
  • Oracle Linux 6 (starting from UEK R1) – Oracle Linux 7 (up to UEK R4 U7)
  • Oracle Linux 6 – 7.5 (RHCK)
  • Fedora 23 – 28
  • openSUSE 11.3 – 13.2
  • openSUSE Leap 42.0 – 42.1
  • openSUSE Leap 42.2 – 42.3, Leap 15
  • SLES 11 SP4 – 12 SP3
  • SLES for SAP 11 SP4 – 12 SP3

シンプルなバックアップ・リストア

ボリュームレベル、ファイルレベルのバックアップ

ボリュームレベルとファイルレベルでのバックアップ・リストアが可能です。

シンプルなバックアップ・リストア

ボリュームレベルでのバックアップは、コンピュータ上のデータボリューム(論理ドライブまたはパーティション)全体のイメージベースのバックアップを取得できます。このボリュームレベルバックアップを使用してコンピュータのボリューム、ボリューム上にある指定したフォルダ、ファイルのリストア、またはベアメタルリカバリを実施できます。

ファイルレベルバックアップでは、コンピュータ上の個別のフォルダのデータを読み取ります。ファイルレベルバックアップからはバックアップ対象として追加したファイル、フォルダのリストアが可能です。
ウィザード、コマンドラインと2つの方法でジョブを作成することができます。

Veeam独自のスナップショット機能とスクリプトによるアプリケーションレベルの静止点作成

Veeam Agent for Linuxは組み込みのスナップショット機能を使用して、静止点の作成を行っています。また、スナップショット作成前後に静止処理のスクリプトを実施することによってアプリケーションレベルでの静止を行うことができます。

変更点追跡機能による増分バックアップの実施

ロックやログオフのタイミングで実行可能

Veeam Agent for Linux独自の変更点追跡機能を用いて、前回のバックアップファイルからの変更のみを取得し圧縮することで、データの転送量を大幅に抑えることができます。

Veeam Backup & Replicationとの統合

※Veeam Backup & Replication 9.5 Update2以降がVeeam管理サーバにインストールされている必要があります。

Veeam Agent for Linux はVeeam Backup & Replication が管理するバックアップリポジトリに対してバックアップを取得することができ、ジョブの実行状況の確認やファイルレベルでのリストアを実施することができます。

Veeam Backup & Replicationと連携することで、以下の内容を行うことができます。

  • 取得したバックアップファイルを別のリポジトリに対して2次バックアップ
  • Veeamのコンソールからファイルレベルの実施
  • Veeam Agent for Linuxのジョブの進捗表示、無効化、削除

Veeam Backup & Replicationとの統合

Veeam Agent for Linux の エディション比較表

Veeam Agent for LinuxはFree、Workstation、Serverの3つのエディションに分かれています。
各エディションごとの機能については下記比較表をご確認ください。

Free Workstation Server
PC全体、ボリュームレベルおよび
ファイルレベルのイメージベースバックアップ
Veeam独自のスナップショット、
変更点の自動追跡による差分取得機能
ファイルレベル、ボリュームレベルおよび
ベアメタル回復(same or different hardware)
コンソールまたはコマンドラインによる
バックアップとリカバリ
Veeam Backup & Replication との統合
複数ジョブのサポート
アプリケーションレベルでの静止点を意識した
Pre-freeze/post-thawスナップショットスクリプト
Veeam Backup Enterprise Managerによる
ゲストファイルのインデックス作成、カタログ検索、リストア
テクニカルサポート

製品カタログ・資料

 
動画でみる
Veeam B&R 9.5
Webセミナー

(約40分)
概要
v9.5新機能
Hyper-V特集
処理の流れ
構成例
DR構成例
対応プラットフォーム・要件
キャンペーン
機能
特長
共通(基本)
共通(応用)
バックアップ
リストア
レプリケーション
クラウド対応
Azure
AWS
サービスプロバイダ向け
物理対応
Windows
Linux
資料
カタログ・セミナー動画
他社製品との比較
導入事例
ホワイトペーパー
購入・サポート
ライセンス・エディション比較
サポート体制
仮想化メリット
開発元について
30日無料評価版
お問合せ
テクニカルブログ
Veeam製品の最新情報をテクニカルブログで配信しています。
製品一覧
Veeam 関連製品一覧
Veeam Backup & Replication
Veeam ONE
Veeam Agent for Microsoft Windows
Veeam Agent for Linux
Veeam Essentials
Veeam Cloud & Service Provider
Veeam Availability Orchestrator

© 2007-2018 Climb Inc.

動画でみる
Agent for
Linux
Webセミナー

(約26分)