株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Maxta(マクスタ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00

ディザスタリカバリを考慮したハイパーバイザ保護構成

業務継続計画(BCP)を考えたDRサイト構築に興味があるお客様へ
Veeam Backup & Replicationを使用したハイパーバイザ環境でのバックアップ&レプリケーション構成をご紹介します。

メインサイトのみ保護する構成

メインサイトのデータを保護します。
メインサイトが消失してもバックアップデータから事業継続することが可能です。

1.仮想マシンをバックアップで保持する構成

通常時
仮想マシンをバックアップで保持する構成

障害発生時
障害発生時のリストア

通常時は、東京の仮想マシンデータを大阪に設置したVeeamがバックアップしています。
東京で災害が発生すると、大阪のVeeamに保存されたバックアップデータをリストアし復旧を行います。
大阪で災害が発生した場合、バックアップデータは消失しますが東京ではそのまま事業継続されます。

必要ライセンス:Standard Edition 1

2.仮想マシンをレプリカで保持する構成

通常時
仮想マシンをレプリカで保持する構成

障害発生時
障害発生時電源ONで復旧

通常時は、東京の仮想マシンを大阪のVeeamから大阪へレプリケーションしています。
東京で災害が発生すると、大阪のVeeamに作成された仮想マシンのレプリカの電源をONにすることで復旧することができます。
大阪で災害が発生した場合は、レプリカは消失しますが東京ではそのまま事業継続されます。

必要ライセンス:Standard Edition 1

二次バックアップを使用する構成

二次バックアップを行いバックアップデータを保護します。
片方のストレージが消失しても、もう一つのストレージのバックアップデータから復旧できます。

3.バックアップデータをバックアップコピーで保持する構成

通常時
バックアップデータをバックアップコピーで保持する構成

障害発生時
障害発生時のリストア

東京のホストからローカル環境内にバックアップを取得し、そのバックアップファイルをバックアップコピージョブにより大阪へ2次バックアップしています。
仮想マシンレベルの障害が発生した場合には、ローカル環境内のバックアップファイルからリストアし、東京の拠点に障害が発生した場合には、大阪拠点のバックアップファイルからリストアすることで、復旧が可能です。
WANアクセラレーション機能を使用することで、高速な2次バックアップが可能です。

必要ライセンス:Standard Edition 1、Enterprise Plus Edition 1(WANアクセラレーション使用時)

4.バックアップデータをテープで保持する構成

通常時
バックアップデータをテープで保持する構成

障害発生時
障害発生時のリストア

東京のホストからローカル環境内にバックアップを取得し、そのバックアップファイルをバックアップコピージョブにより大阪へ2次バックアップし、テープジョブによりテープへ書き込みます。
東京でテープにバックアップをとった場合は、大阪へ物理的にテープを移動することも可能です。
仮想マシンレベルの障害が発生した場合には、ローカル環境内のバックアップファイルからリストアし、東京の拠点に障害が発生した場合には、大阪拠点のテープやリポジトリからリストアすることで、復旧が可能です。

必要ライセンス:Standard Edition  1、Enterprise Edition 1(世代を意識してテープに書き込む場合)

複数拠点の仮想マシンを保持する構成

複数拠点のデータを保護します。
1つの拠点が消失してもバックアップデータから事業継続することが可能です。

5.2拠点の仮想マシンを保持する構成

通常時
2拠点の仮想マシンを保持する構成

障害発生時
障害発生時のリストア

通常時は、東京の仮想マシンを大阪のVeeamが、大阪の仮想マシンを東京のVeeamが、それぞれバックアップ、レプリケーションしています。
災害が発生すると、災害拠点の仮想マシンと、別拠点のバックアップデータ、レプリカが消失しますが、別拠点のVeeamで作成していた災害拠点の仮想マシンレプリカを電源ONするか、バックアップデータを使用し、リストアを行うことで復旧が可能です。

必要ライセンス:Standard Edition 2

6.2拠点の仮想マシンを保持する構成

通常時
2拠点の仮想マシンを保持する構成

障害発生時
障害発生時の復旧

通常時は、大阪、名古屋の仮想マシンを東京のVeeamが、東京、名古屋の仮想マシンを大阪のVeeamが、東京、大阪の仮想マシンを名古屋のVeeamが、それぞれバックアップ、レプリケーションしています。
災害が発生すると、災害拠点の仮想マシンと、別拠点のバックアップデータ、レプリカが消失しますが、別拠点のVeeamで作成していた災害拠点の仮想マシンレプリカを電源ONするか、バックアップデータを使用し、リストアを行うことで復旧が可能です。
また各拠点のハイパーバイザーホストのライセンスをEnterprise Manager で統合することで、同一ホストのライセンスが重複しないようにすることが可能です。

必要ライセンス:Standard Edition 3

 
概要
v9.5新機能
Hyper-V特集
処理の流れ
構成例
DR構成例
対応プラットフォーム・要件
機能
特長
共通(基本)
共通(応用)
バックアップ
リストア
レプリケーション
資料
カタログ・セミナー動画
他社製品との比較
導入事例
ホワイトペーパー
購入・サポート
ライセンス・エディション比較
サポート体制
仮想化メリット
開発元について
30日無料評価版
お問合せ
テクニカルブログ
Veeam製品の最新情報をテクニカルブログで配信しています。
製品一覧
Veeam 関連製品
Veeam Essentials
Veeam Agent for Linux
Veeam Agent for Microsoft Windows
Veeam Cloud & Service Provider
Veeam ONE
Veeam MP for System Center

© 2007-2017 Climb Inc.