株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Oracle Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Azure
Veeam Backup for Microsoft Office 365
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
VirtuCache(バーチャルキャッシュ)
HyTrust(ハイトラスト)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
技術サポート
Web遠隔サポート
技術専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無償評価版取り扱い製品
総合問合せ窓口
イベント&セミナー
セミナー情報
製品別個別セミナー
イベント出展情報
サポートトップへ
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会


Hyper-Vでも効率的なバックアップとレプリケーションを

Veeam Backup & Replication はHyper-Vにおいても強力なバックアップとレプリケーションを提供します。
Veeam独自の変更点追跡や重複排除、圧縮により効率的で高速な処理を実現します。

Hyper-V環境におけるVeeamの構成例

簡単に構成できるオンホストプロキシ

簡単に構成できるオンホストプロキシ

Hyper-V環境におけるVeeamのシンプルな展開構成です。処理対象の仮想マシンがあるHyper-Vホスト上で仮想マシンデータを処理し、バックアップ・レプリケーションを行います。データの処理にホストシステム上のCPUやネットワークのリソースを使用します。

負荷分散を行えるオフホストプロキシ

負荷分散を行えるオフホストプロキシ

Hyper-V環境におけるVeeamの分散展開構成です。
所定の要件を満たしている、Hyper-Vの役割が有効のWindows Server 2008 R2以降のマシンを、データ処理を代行するプロキシサーバに指定すれば、処理対象の仮想マシンがあるHyper-Vホストへの負荷が下がるため、稼働中の仮想マシンへの影響を抑えられます。

幅広くHyper-Vをサポート

幅広くHyper-Vをサポート

  • Windows Server 2008 R2 SP1 - 2012 R2:組み込みの変更ブロック追跡機能(以下CBT)がないため、『Veeam独自のHyper-V用のCBT』を搭載、増分・差分バックアップを実施可能です。
  • Windows Server 2016以降:Hyper-V組み込みの変更ブロック追跡機能であるResilient Change Tracking(RCT)を活用、追加のフィルタドライバを介することなく増分・差分バックアップを実施可能です。
  • Server Core:GUIのないServer Coreで導入されているHyper-Vホストもサポートしています。
  • Microsoft Hyper-V Server(無償版): 無償版としてMicrosoftから提供されるHyper-V Serverもサポートしています。
  • Azure Stack HCI:2019年にリリースされたHyper-VとStorage Spaces Directに基づいて構築された、最初のAzure Stack HCIやそれ以降のAzure Stack HCI OSをサポートします。
  • Windows 10/11:インスタントリカバリのターゲット(リストア先)、およびSureBackupジョブの仮想ラボを作成するホストとしてのみサポートしています。

クラスタ共有ボリューム(CSV)、Microsoft SMB3上の仮想マシンをバックアップ

Hyper-Vクラスタで使用されるCSV上の仮想マシンや、Microsoft SMB3上の仮想マシンもバックアップ可能です。オフホストプロキシを利用し、Hyper-Vホストへの負荷を減らしたバックアップも行えます。

クラスタ共有ボリューム(CSV)、Microsoft SMB3上の仮想マシンをバックアップ

共有VHDX、VHD セットファイル、差分ディスクのバックアップ

仮想マシン間で共有されている共有VHDX(Hyper-V2012R2)やVHDセットファイル(Hyper-V2016以降)、差分ディスクを持つ仮想マシンのバックアップが可能です。HAクラスタリング環境や、VDI環境、テスト環境などでも、Veeamによるデータ保護の恩恵を受けやすくなりました。リストア機能もこれらのバックアップからのリストアに対応しています。

共有VHDX、VHD セットファイル、差分ディスクのバックアップ

WindowsからもLinuxからもファイルをリストア

ファイルレベルリストアはバックアップデータから仮想マシン内のファイルを復旧できる機能です。Hyper-Vが対応するすべてのOSで可能です。CentOSやRedHat、FreeBSDのファイルもリストアできます。

ファイルレベルリストアの対応OS拡大

アプリケーションのアイテム単位でのリストア

Veeam Explorerを使えば、Microsoftの企業向けアプリケーションから、アイテム単位でのリストアを行うことができます。誤操作や事故によるデータ消去時などに、バックアップファイルから当該データを簡単に復旧できる便利な機能です。
対応アプリケーション:Active Directory、Microsoft Exchange、Microsoft SharePoint、SQL Server

アプリケーションのアイテム単位でのリストア

 
動画でみる
Veeam v11の注目ポイント

(約30分)
概要
v11新機能
Hyper-V特集
処理の流れ
構成例
DR構成例
対応プラットフォーム・要件
キャンペーン
機能
特長
共通(基本)
共通(応用)
バックアップ
リストア
レプリケーション
クラウド対応
Azure
AWS
サービスプロバイダ向け
物理対応
Windows
Linux
資料
カタログ・セミナー動画
他社製品との比較
導入事例
ホワイトペーパー
購入・サポート
ライセンス・エディション比較
サポート体制
仮想化メリット
開発元について
30日無料評価版
お問合せ
テクニカルブログ
Veeam製品の最新情報をテクニカルブログで配信しています。
製品一覧
Veeam 関連製品一覧
Veeam Backup & Replication
Veeam ONE
Veeam Agent for Microsoft Windows
Veeam Agent for Linux
Veeam Essentials
Veeam Cloud & Service Provider
Veeam Availability Orchestrator

© 2007-2022 Climb Inc.