株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Kasten K10 PLATFORM
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会


特長

簡単操作であらゆる環境の確実なデータ保護を実現

確実なデータ保護 -整合性を保ち、復旧可能性を自動検証-

仮想マシン(VMware/Hyper-V)のイメージベースのバックアップと複製の仮想マシンを作成するレプリケーションでお客様の環境に合ったデータ保護を実現できます。

また、Nutanix AHVの仮想マシンや物理マシン(Windows/Linux)、AWS/Azureのインスタンス、NASのバックアップを行うことが可能なため、様々な環境のデータ保護をまとめて行うことができます。



  • ゲストOSの静止点作成に使用するMicrosoft VSSをVeeamは独自にサポートしています。これによりアプリケーションレベルの整合性を保ったオンラインバックアップ・レプリケーションが可能です。
  • 仮想アプライアンスを介してネットワーク的に隔離された環境で仮想マシンの起動テストからアプリケーションのスクリプトテストまで全自動で実施可能です。この自動復旧検証機能により、ファイルの整合性チェックだけでは判別できないようなOS/アプリケーションレベルでの障害や破損を検出できます。
  • 取得したバックアップを異なるストレージやテープ、クラウドへ二次バックアップを行うことで、バックアップの長期保存や災害対策が可能です。

高度な復旧 -数分でVMを起動可能な高速リカバリと豊富なオプション-

  • バックアップ内の仮想マシンのデータを、ハイパーバイザーにマウントすることで仮想マシンを起動できます。これにより、バックアップデータの展開、転送が必要なく、どのようなサイズの仮想マシンであっても数分で起動できます。
  • WindowsやLinuxはもちろんのこと、NovellやSolarisなどを含むゲストOSの17のファイルシステムをサポートしています。また、LinuxのLVMやWindowsのLDMのディスク内のファイルであってもリストア可能です。
  • Active Directory、SharePoint、Exchange、SQL Server、Oracleといったアプリケーションのアイテム、メールやレコード、ユーザー、データベース単位でのリストアが可能です。誤ったレコードの更新や、重要なメールを削除してしまったときに役立ちます。
  • Veeamで取得したバックアップを、Azure VMやAmazon EC2として直接リストアが可能です。テスト用の一時利用としてのリストアやクラウドへの移行に利用できます。


効率的で高速なアーキテクチャ -環境に合わせ最適な構成を-

  • Veeamは分散アーキテクチャを採用しています。そのため、単一のサーバで動作させることもできますが、処理サーバや保存先を複数用意し分散処理を実施することも可能です。これにより小規模からエンタープライズまで、規模を問わずに簡単に構成することができます。
  • Dell EMC, NetApp, HPE, Nimble, Cisco, IBMのストレージスナップショットと連携することで仮想環境への影響が大きいVMwareスナップショットを保持する時間を可能な限り短くし、仮想環境への影響がほぼゼロで高速なデータ保護を実現できます。
  • 仮想環境のデータブロックに最適化されたキャッシングにより、転送量を削減し、バックアップ、レプリケーションのデータ転送を最大50倍高速化します。
  • EMC Data Domain Boostとの統合によりバックアップの保存処理やマージ処理が大幅に高速化できます。またExaGridとの統合による高速化やHP StoreOnceに合わせた最適設定なども行われています。


統合されたUIと柔軟な管理  -4ステップで設定完了、カスタマイズも簡単-

  • Veeamは仮想環境(VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Nutanix AHV)に物理環境(Windows/Linux)、クラウド(AWS/Azureインスタンス)のデータ保護をサポートしており、これらのデータ保護を統合管理することが可能です。
  • 複数拠点にまたがってデータ保護を行う必要があっても、単一のWeb UIからすべての拠点のジョブの管理が行えます。
  • Web UIであるVeeam Enterprise Managerを使用することで、ヘルプデスクやVMのオーナ、アプリケーションのオーナにリストアを安全に委任する機能を提供しています。
  • ユーザごとにVeeamで行える操作を制限することが可能です。すべての操作を行える管理者権限、バックアップやレプリケーションジョブの実行権限、リストアの実行権限、作成されているジョブの確認のみが行えるRead-onlyの権限があります。


 
動画でみる
Veeam B&R セミナー

(約35分)
概要
v10新機能
Hyper-V特集
処理の流れ
構成例
DR構成例
対応プラットフォーム・要件
キャンペーン
機能
特長
共通(基本)
共通(応用)
バックアップ
リストア
レプリケーション
クラウド対応
Azure
AWS
サービスプロバイダ向け
物理対応
Windows
Linux
資料
カタログ・セミナー動画
他社製品との比較
導入事例
ホワイトペーパー
購入・サポート
ライセンス・エディション比較
サポート体制
仮想化メリット
開発元について
30日無料評価版
お問合せ
テクニカルブログ
Veeam製品の最新情報をテクニカルブログで配信しています。
製品一覧
Veeam 関連製品一覧
Veeam Backup & Replication
Veeam ONE
Veeam Agent for Microsoft Windows
Veeam Agent for Linux
Veeam Essentials
Veeam Cloud & Service Provider
Veeam Availability Orchestrator

© 2007-2020 Climb Inc.