株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam ONE(ヴィーム ワン)
Veeam Essentials
Veeam Management Pack for System Center
Maxta(マクスタ)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Zerto(ゼルト)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
dspMigrate(dspマイグレート)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > Veeam Backup & Replication > 概要 > 特長

特長
VMware/Hyper-Vに特化した製品だからこそ高い機能性・操作性が実現

確実なデータ保護-整合性を保ち、自動検証で復旧可能であることを明確化-

イメージベースのバックアップと複製の仮想マシンを作成するレプリケーションでお客様の環境に合ったデータ保護を実現できます。

Veeam Backup & ReplicationではゲストOSの静止点作成に使用するMicrosoft VSSを独自にサポートしています。これによりエージェントレスであってもアプリケーションレベルの整合性保ったオンラインバックアップ・レプリケーションが可能です。

仮想アプライアンスを介してネットワーク的に隔離された環境で仮想マシンの起動テストからアプリケーションのスクリプトテストまで全自動で実施可能です。これによりファイルの整合性チェックだけでは判別できないようなOS/アプリケーションレベルでの障害や破損を検出できます。

バックアップ・レプリケーションのデータ取得元であるデータストア/ボリュームのレイテンシが低い場合には高速な処理を、レイテンシが高い場合には低速な処理を自動で実施します。これによりアプリケーション要件やユーザエクスペリエンスを保ったままデータ保護を実施できます。

高速な復旧-数分でVMを起動可能な高速リカバリと豊富なリストアオプション-

バックアップ内の仮想マシンのデータをvPowerを使用し、ハイパーバイザにマウントすることで仮想マシンを起動できます。これにより、バックアップデータの展開、転送が必要なく、どのようなサイズの仮想マシンであっても数分で起動できます。
Veeam Backup & Replication ではWindowsやLinuxはもちろんのこと、NovellやSolarisなどを含むゲストOSの17のファイルシステムをサポートしています。また、LinuxのLVMやWindowsのLDMのディスク内のファイルであってもリストア可能です。
Veeamで取得したバックアップ内に含まれるアプリケーションからメールやレコード、ユーザといったアイテムをエクスプローラ形式で表示し、リストアすることができます。誤ったレコードの更新や、重要なメールを削除してしまったときに役立ちます。
HP、NetAppのストレージスナップショットからVM、ファイル、アプリケーションアイテムのリストアが可能です。これによりRPOをストレージのスナップショットで短縮し、RTOをVeeamの高速なリストアで削減できます。

効率的で高速なアーキテクチャ-環境に合わせ最適な構成に-

Veeam Backup & Replicationは分散アーキテクチャを採用しています。そのため、単一のサーバで動作させることもできますが、処理サーバや保存先を複数用意し分散処理を実施することも可能です。これにより小規模からエンタープライズまで、規模を問わずに簡単に構成することができます。

HP、NetAppのストレージスナップショットと連携することで仮想環境への影響が大きいVMwareスナップショットを保持する時間を可能な限り短くし、仮想環境への影響がほぼゼロで高速なデータ保護を実現できます。
仮想環境のデータブロックに最適化されたキャッシングにより、転送量を削減し、バックアップ、レプリケーションのデータ転送を最大50倍高速化します。

EMC Data Domain Boostとの統合によりバックアップの保存処理やマージ処理が大幅に高速化できます。 またExaGridとの統合による高速化やHP StoreOnceに合わせた最適設定なども行われています。

統合されたUIと柔軟な管理-4ステップで設定完了、カスタマイズも簡単-

Veeam Backup & ReplicationはVMware vSphere環境、Microsoft Hyper-V環境、両方をサポートしています。もちろん、どちらの環境も同一のVeeamコンソールから操作でき、統合が可能です。

Veeam Backup & ReplicationではvCloud Directorをサポートしています。 vCloud Director API を使用し、vApp、VMに関連づいたメタデータや属性を含んだ状態でバックアップするためネットワーク構成や起動オプション、リース情報などまで、リストア可能です。

Veeam Backup & Replicationでは、Web UIであるVeeam Enterprise Managerを使用することで、ヘルプデスクやVMのオーナ、アプリケーションのオーナにリストアを安全に委任する機能を提供しています。

データ保護の状況をvSphere Web Clientから確認するためのプラグイン、バックアップの設定や実行が可能なPowerShellとRESTful APIにより、Veeam Backup & Replicationではコンソールだけではなく、より効率的に管理を実施できます。




Veeam導入無料相談窓口

技術ブログ