株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会


v11のシステム要件

システム要件
※最小構成では、管理サーバ、プロキシサーバ、リポジトリサーバ、テープサーバを同一のサーバで兼用することも可能です。その場合には、4つすべてのサーバの要件を考慮する必要があります。

v10のシステム要件はこちらをご参照ください ≫

サポートするVMwareインフラ環境

プラットフォーム

* vSphere 7.0 (7.0 U2まで)
* vSphere 6.x
* vSphere 5.5
* VMware Cloud on AWS
* VMware Cloud on Dell EMC
* Azure VMware Solution
※ Azure VMware Solutionのサポートの詳細はVeeam KBを参照してください。

ホスト

* ESXi 7.0 (7.0 U2まで)
* ESXi 6.x
* ESXi 5.5
※ Free ESXiはサポートしておりません。

管理サーバ(任意)

* vCenter Server 7.0 (7.0 U2まで)
* vCenter Server 6.x
* vCenter Server 5.5
* vCloud Director 9.5~10.2 (vCDからvCDへのレプリケーション機能は9.7以降)

ゲストOS

* VMwareがサポートする全てのゲストOS

※ Microsoft Windows 2003およびNano Serverのアプリケーション対応処理は非対応です。

サポートするHyper-Vインフラ環境

プラットフォーム

* Windows Server 半期チャネル(バージョン1803~20H2)
* Windows Server 2019
* Windows Server 2016
* Windows Server 2012 R2
* Windows Server 2012
* Windows Server 2008 R2 SP1
* Azure Stack HCI OS

ホスト

* Windows Server 半期チャネル(バージョン1803~20H2)
* Windows Server Hyper-V 2019
* Windows Server Hyper-V 2016
* Windows Server Hyper-V 2012 R2
* Windows Server Hyper-V 2012
* Windows Server Hyper-V 2008 R2 SP1
* Azure Stack HCI
* Microsoft Hyper-V Server(Free版)をサポート

Hyper-Vの役割がインストールされたMicrosoft Nano Serverはサポートされていません。 ホストは関連する全てのMicrosoft Windows Serverのホットフィックスがインストールされている必要があります。詳細はVeeam KBを参照してください。

管理サーバ(任意)

* Microsoft PowerShell Engine 2.0以降
* Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2019
* Microsoft System Center Virtual Machine Manager 1807
* Microsoft System Center Virtual Machine Manager 1801
* Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2016
* Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2012 R2
* Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2012 SP1

ゲストOS

* Hyper-Vがサポートする全てのゲストOS

管理サーバ(Veeamインストール先)

Veeam Backup & Replicationをインストールし、バックアップやレプリケーションの管理やロードバランシングを行うサーバです。最小構成の場合にはインストール先サーバ自体を重複排除、圧縮といったデータ処理に用いることや、保存先として利用することも可能です。その場合には、プロキシサーバリポジトリサーバの要件も考慮する必要があります。またVeeam インストール先は物理マシン、仮想マシンどちらでも問題ありません。

CPU

・ x86-x64 プロセッサ(4コア以上を推奨)

メモリ

・ 4 GB RAM
※ 同時実行するジョブ数ごとに500 MBの追加

ディスク容量

・ 5 GB(製品インストールのため)
※ Microsoft .Net Framework 4.7.2インストールのために4.5 GB
※ ゲストOSのカタログフォルダ用に100 VMごとに10 GB(任意)
※ インスタントVMリカバリのキャッシュフォルダ用に100 GB(任意)

ネットワーク

・ オンサイト バックアップ/レプリケーション:1 Gbps LAN以上
・ オフサイト バックアップ/レプリケーション:1 Mbps以上 もしくは 高速なWAN
※ 高遅延や応答が不安定なWAN回線もサポート

対応OS(64bit版のみサポート)

・ Microsoft Windows Server 2019
・ Microsoft Windows Server 2016
・ Microsoft Windows Server 2012 R2
・ Microsoft Windows Server 2012
・ Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
・ Microsoft Windows 10 (1803~20H2)
・ Microsoft Windows 8.1
・ Microsoft Windows 7 SP1

SQL Server

ジョブ設定など、Veeamの構成情報を保存するために使用するデータベースとして、下記バージョンのMicrosoft SQL Server(Express Editionと有償版いずれも含む)をサポートしています。

・ Microsoft SQL Server 2019
・ Microsoft SQL Server 2017
・ Microsoft SQL Server 2016
・ Microsoft SQL Server 2014
・ Microsoft SQL Server 2012
・ Microsoft SQL Server 2008 R2
・ Microsoft SQL Server 2008
SQL 2016 SP2 Express EditionとSQL 2012 SP4 Express EditionがVeeamインストーラに含まれており、Windows Server 2012以降へのインストールではSQL 2016 SP2 Express Editionを使用します。 既にインストールされているローカル/リモートのSQL Serverを使用することも可能です。 環境に含まれる仮想マシンが500 VMより多いような大規模環境では有償版SQL Serverが必要になる場合があります。

必要なソフトウェア

下記ソフトウェアは前提ソフトウェアであり、Veeamインストーラに含まれています。
・ Microsoft .NET Framework 4.7.2
・ Windows Installer 4.5
・ Microsoft PowerShell 5.1
・ Microsoft SQL Server Management Objects
・ Microsoft SQL Server System CLR Types
・ Microsoft Report Viewer Redistributable 2015
・ Microsoft Universal C Runtime

下記ソフトウェアは任意利用であり、手動でインストールする必要があります。
・ Firefox、Google Chrome、Microsoft Edge、またはMicrosoft Internet Explorer 11.0以降

プロキシサーバ(データ処理サーバ)

バックアップ代理処理用サーバ(Backup Proxy Server)に推奨される環境
管理サーバとは別にバックアップ処理を行うことが可能なサーバです。負荷分散や遠隔地での処理を目的に使用します。

CPU

・ x86-x64 プロセッサ(最小2コア/vCPU+追加の同時実行タスクごとに1コア/vCPU)
マルチコアプロセッサを使用することで、データ処理のパフォーマンスが向上し、より多くのタスクをバックアッププロキシで同時に処理することができます。

メモリ

・ 2GB RAM+追加の同時実行タスクごとに200MB RAM
※高速なメモリ(DDR3/DDR4)を使用することで、データ処理のパフォーマンスが向上します。

ディスク領域

・ 300MB+追加の同時実行タスクごとに50MB

ネットワーク

・ オンサイトバックアップ、レプリケーションに1Gbps LAN以上
・ オフサイトバックアップ、レプリケーションに1Mbps WAN以上
※ 高遅延で不安定なWANリンクをサポートします。

対応OS

VMware用プロキシサーバ:
・ Windows Server 半期チャネル(バージョン1803~20H2)
・ Microsoft Windows Server 2019
・ Microsoft Windows Server 2016
・ Microsoft Windows Server 2012 R2
・ Microsoft Windows Server 2012
・ Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
・ Microsoft Windows 10 (1803~20H2)
・ Microsoft Windows 8.1
・ Microsoft Windows 7 SP1

64bit版がサポートされます。bashシェル、SSH、Perlが必要です。詳細はVeeam KBを参照してください。

・ CentOS 7~8.3, CentOS Stream
・ Debian 9.0~10.8
・ Fedora 30~33
・ openSUSE Leap 15.2, Tumbleweed
・ Oracle Linux 6 (UEK3)~8.3 (UKE R6)
・ Oracle Linux 6~8.3 (RHCK)
・ RHEL 6.0~8.3
・ SLES 11 SP4, 12 SP1~SP5, 15 SP0~SP2
・ Ubuntu : 14.04 LTS, 16.04 LTS, 18.04 LTS, 19.10, 20.04 LTS

※ LinuxはNASバックアップのプロキシとしてはサポートされていません。

Hyper-V用オフホストプロキシサーバ:
・ Windows Server 半期チャネル(バージョン1803~20H2)
・ Microsoft Windows Server 2019
・ Microsoft Windows Server 2016
・ Microsoft Windows Server 2012 R2
・ Microsoft Windows Server 2012
・ Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1

※ Hyper-Vの役割を有効にする必要があります。
CSV(SAN)からのオフホストバックアップでは転送可能なシャドウコピーをサポートしているVSSハードウェアプロバイダが必要です。これは一般的に、ストレージベンダーが提供するクライアントコンポーネントの一部として配布されます。また、SMB共有ストレージからのオフホストバックアップでは必要ありません。

リポジトリサーバ(ファイル保存先サーバ)

ファイル保存、展開処理用サーバ(Backup Repository Server)に推奨される環境
管理サーバとは別にバックアップファイルの保存、展開処理を行うことが可能なサーバです。負荷分散や遠隔地での処理を目的に使用します。具体的な処理としてはインスタントVMリカバリ時などでバックアップファイルを一時的に展開し、ホストへの接続処理を行います。

CPU

・ 最新のx86プロセッサ(x86-64を推奨)

メモリ

・ 4GB RAM+同時実行ジョブごとに2GB RAM(32bit OS)または4GB RAM(64bit OS)

ネットワーク

・ オンサイトバックアップ、レプリケーションに1Gbps LAN以上
・ オフサイトバックアップ、レプリケーションに1Mbps WAN以上
※ 高遅延で不安定なWANリンクもサポートします。

対応OS

下記OSの32bit、64bit(推奨)いずれにもインストール可能です。

・ Windows Server 半期チャネル(バージョン1803~20H2)
・ Microsoft Windows Server 2019
・ Microsoft Windows Server 2016
・ Microsoft Windows Server 2012 R2
・ Microsoft Windows Server 2012
・ Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
・ Microsoft Windows 10 (1803~20H2)
・ Microsoft Windows 8.1
・ Microsoft Windows 7 SP1
・ CentOS 7~8.3, CentOS Stream
・ Debian 9.0~10.8
・ Fedora 30~33
・ RHEL 6.0~8.3
・ openSUSE Leap 15.2, Tumbleweed
・ Oracle Linux 6 (UEK3)~8.3 (UKE R6)
・ Oracle Linux 6~8.3 (RHCK)
・ SLES 11 SP4, 12 SP1~SP5, 15 SP0~SP2
・ Ubuntu : 14.04 LTS, 16.04 LTS, 18.04 LTS, 19.10, 20.04 LTS

bashシェル、SSH、Perlが必要です。詳細はVeeam KBを参照してください。 Linuxの64ビット版は32ビットプログラムを実行することができなければなりません。純粋な64ビット版Linuxはサポートされていません(Perlインストールは32ビット変数をサポートしなければなりません)。
高度なXFS統合の場合、次の64bit Linuxディストリビューションのみがサポートされます。

・ CentOS 8.2, 8.3
・ Debian 10.x
・ RHEL 8.2以降
・ SLES 15 SP2
・ Ubuntu 18.04 LTS, 20.04 LTS

バックアップ保存先

・ バックアップリポジトリサーバーのローカル(内部)ストレージ。
バックアップリポジトリサーバーに接続されたDirect Attached Storage(DAS)。外部 USB/eSATA ドライブ、USB パススルー、およびRDM ボリュームを含む。 ストレージエリアネットワーク(SAN)。バックアップリポジトリサーバーは、ハードウェアや仮想HBA、またはソフトウェアiSCSI イニシエーター経由でSAN ファブリックに接続されている必要があります。 NFS共有(プロトコルバージョン3.0および4.1のみ)またはSMB/CIFS共有(任意のプロトコルバージョン)として提示できるネットワーク接続ストレージ(NAS)。信頼性の理由から、非継続的に使用可能な(CA)ファイル共有にSMBプロトコルを使用することはお勧めしません。NFS共有は、直接操作とLinuxリポジトリサーバーへのマウント時の両方でサポートされています。 DDBoost のライセンスがある、Dell EMC Data Domain(DD OS バージョン 6.1〜7.3)。イーサネットおよびファイバーチャネル(FC)接続の両方がサポートされます。 ExaGrid(ファームウェアバージョン 5.0.0 以降)。 Catalyst ライセンスを伴うHPE StoreOnce(ファームウェアバージョン 3.15.1 以降)。イーサネットおよびファイバーチャネル(FC)接続の両方がサポートされます。 HPE Cloud VolumesBackupがサポートされています。 Quantum およびOEMパートナー(DXiソフトウェア 3.4.0 以降) サポートされているQuantum DXiシステムには、DXi4700(NAS構成)、DXi4700(マルチプロトコル構成)、DXi 4800、DXi6900、DXi6900-S、DXi9000が含まれます。FIPS準拠の操作モードでは、DXiソフトウェア4.0以降が必要です。
バックアップが作成されると、スケールアウトバックアップリポジトリ機能を使用して、次のオブジェクトストレージタイプのいずれかにコピー(冗長性のため)またはオフロード(長期保存のため)できます。

・ Amazon S3(AWS Snowball Edgeを含む)
・ Google Cloud Storage
・ IBM CloudObjectStorage
・ Microsoft Azure Blob Storage(Microsoft Azureデータボックスを含む)。
・ S3互換のオブジェクトストレージ(オンプレミスアプライアンス、またはクラウドストレージプロバイダー)。

バックアップがAmazon S3またはMicrosoft Azure Blob Storageにコピーまたはオフロードされると、スケールアウトバックアップリポジトリのアーカイブ層を使用して、次のそれぞれのコールドオブジェクトストレージクラスのいずれかにさらにアーカイブできます。

・ Amazon S3 Glacier
・ Amazon S3 Glacier Deep Archive
・ Microsoft Azure Blob Storage Archive Tier

テープサーバ(テープへの読み書き)

テープデバイス(テープ・ライブラリ)に対しての読み書きを管理するサーバです。このサーバとテープデバイスを接続する必要があります。
※テープデバイスへの読み書きを行わない場合、テープサーバは不要です。

CPU

・ x86 プロセッサ(x86-x64 推奨)

メモリ

・ 2GB RAM+同時実行タスクごとに追加で 200MB RAM

ディスク領域

・ 300MB + 10GB
※ 10GBはバックアップ・リストアの際、一時的に使用します。

対応OS

下記OSの32bit、64bit(推奨)いずれにもインストール可能です。
・ Windows Server 半期チャネル(バージョン1803~20H2)
・ Microsoft Windows Server 2019
・ Microsoft Windows Server 2016
・ Microsoft Windows Server 2012 R2
・ Microsoft Windows Server 2012
・ Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
・ Microsoft Windows 10 (1803~20H2)
・ Microsoft Windows 8.1
・ Microsoft Windows 7 SP1

対応テープデバイス

・ LTO3 以上のテープライブラリ(VTL を含む)とスタンドアロンドライブ
テープデバイスは、バックアップサーバまたはテープサーバに SAS、FC、iSCSI イン ターフェース経由で直接接続する必要があります。 ベンダーから提供されるデバイス固有のWindows用OEMドライバがインストールされていない場合、テープデバイスは、不明または汎用としてWindowsのデバイスマネージャに表示され、ネイティブSCSIコマンドモードを有効にする必要があります。

NASバックアップ

プラットフォーム

・ Microsoft WindowsまたはLinuxサーバー (64bitのみ)
・ エンタープライズNASシステム:NetApp Data ONTAP、Lenovo ThinkSystem DMシリーズ、Dell EMC Isilon
・ NFSファイル共有 (バージョン3~4.1)
・ SMBファイル共有 (バージョン1.x~3.x)

v10のシステム要件はこちらをご参照ください ≫

 
動画でみる
Veeam v11の注目ポイント

(約30分)
概要
v11新機能
Hyper-V特集
処理の流れ
構成例
DR構成例
対応プラットフォーム・要件
キャンペーン
機能
特長
共通(基本)
共通(応用)
バックアップ
リストア
レプリケーション
クラウド対応
Azure
AWS
サービスプロバイダ向け
物理対応
Windows
Linux
資料
カタログ・セミナー動画
他社製品との比較
導入事例
ホワイトペーパー
購入・サポート
ライセンス・エディション比較
サポート体制
仮想化メリット
開発元について
30日無料評価版
お問合せ
テクニカルブログ
Veeam製品の最新情報をテクニカルブログで配信しています。
製品一覧
Veeam 関連製品一覧
Veeam Backup & Replication
Veeam ONE
Veeam Agent for Microsoft Windows
Veeam Agent for Linux
Veeam Essentials
Veeam Cloud & Service Provider
Veeam Availability Orchestrator

© 2007-2021 Climb Inc.