Veeam AgentとPlug-in for Oracle RMANを活用して物理Oracleサーバのバックアップを


Oracle RMANとは

RMANはOracleが提供するデータベース用に提供されるバックアップおよびリカバリマネージャです。これは、高可用性と災害復旧の問題に対処するデータベースのバックアップ、復元、および回復機能を提供します。

Veeam Agentとは

Veeam Agentは物理マシン用のバックアップ・ツールです。Veeam AgentはWindows用とLinux用が準備されていて、更にワークステーション用とサーバ用が準備されています。

Veeam Agentには仮想マシンのバックアップ・ツールのVeeam Backup & Replication と同様にOracle のネイティブなバックアップツールである RMANと連携を行うプラグインの「Veeam Plug-in for Oracle RMAN」が提供されています。

Veeam Plug-in for Oracle RMANについて

Veeam Plug-inは、Oracle Recovery Manager (RMAN)のバックアップとリストアに使用して、Veeamのリポジトリに対してバックアップを保持することができます。

次のような場合にはVeeam Plug-in for Oracleを使用してOracleデータベースをバックアップしてください。

●Oracleデータベース管理者としてバックアップとリカバリのプロセスを完全に制御したい場合
●既存のOracle RMANスクリプトまたは外部スケジューラーを使用する場合
●Oracle RACを使用する場合
●物理サーバーで ASM ディスクを使用する場合

結論

Veeam Agentは物理Oracle サーバのイメージレベル/ファイルレベルのバックアップと復元(リストア)を実行します。Oracleデータベース管理者がいない場合、Veeam Agentを使用してOracleサーバをバックアップが可能です。またVeeam Backup & Replicationからバックアップとリストアのプロセスを制御することも可能です。

他のVeeam Plug-in for Oracle RMAN情報

 

Veeam Plug-in for Oracle RMAN の詳細

Veeam Plug-in for Oracle RMAN のWebセミナー録画

Veeam Plug-in for Oracle RMAN のプレゼンテーション

 

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください