Veeam 9.5u4新機能:Veeam Plug-in for Oracle RMAN


1月にリリースされたVeeam Backup & Replication 9.5 Update4では、数多くの機能がリリースされ、機能の1つとしてOracle のネイティブなバックアップツールである RMANと連携を行うプラグインが提供されました。

このプラグインと連携することで、Oracle管理者は既存のバックアップ運用を変えることなく、
Veeamのリポジトリに対してバックアップを保持することができます。

この連携を実施するためには、以下の要件を満たしている必要があります。

OSプラットフォーム

・Microsoft Windows Server 2008 R2

・Microsoft Windows Server 2012/2012 R2

・Microsoft Windows Server 2016

・Microsoft Windows Server 2019

・SUSE Linux Enterprise Server 11, 12 (x86および x86_64)

・Red Hat Enterprise Linux 6.4-7.x (x86および x86_64)

・Oracle Linux 6.4-7.x (x86および x86_64)

・CentOS 6.4-7.x(x86およびx86_64)※本番環境以外では、Oracleデータベースは正式にサポートされていないためご注意ください。

Oracleデータベース

・Oracle 11

・Oracle 12

・Oracle 18

Standard、Enterpriseエディションがサポート対象となります。

※無償版のExpressエディションはサポートされていません。

Oracle RMAN機能

VeeamのRMANプラグインはSBT_TAPEデバイスとして登録され、このデバイスタイプでサポートされているすべてのRMAN機能が動作します。

Oracle RMANを使用してバックアップやリストアを実行するには、dbaグループのメンバーであり、SYSDBAの権限を持っている必要があります。

実際のプラグインインストールやVeeam Backup & Replicationサーバとの接続、RMANバックアップの実行は、以下のブログよりご確認ください。

プラグインのインストール

バックアップの設定

また、Oracle RMAN連携について、クライムのWebセミナーでも紹介しておりますので、こちらもご確認ください。

関連トピックス

1 Response to Veeam 9.5u4新機能:Veeam Plug-in for Oracle RMAN

  1. climb のコメント:

    2/21開催Webセミナー録画「 Veeam新機能 徹底解説 Part 1:Oracle RMAN連携 ~運用変えずVeeamでらくらくバックアップ&リストア~」

    https://www.climb.co.jp/blog_dbmoto/archives/4439

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください