Jobを管理しているデータベースのバックアップ手順について【VMWare専用 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】


Veeam Backupでは作成したJobの情報をSQLServerで管理しています。
※インストール時にSQLServerの設定を行います。

※VeeamBackupのJob表示画面
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

何らかの障害によりVeeamBackupに接続してるSQLServerのデータベースが壊れてしまった時のために定期的にデータベースのバックアップを取得することを推奨しております。

下記にSQLServerのデータベースのバックアップ手順を記載します。
※SQL Server Management Studio Expressを使用してデータベースのバックアップを行っています。

Jobを管理しているデータベースのバックアップ手順

①「SQL Server Management Studio Express」を起動して「バックアップする対象のデータベース名」→「タスク(T)」→「バックアップ(B)…」をクリックします。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

②バックアップの設定を行い「OK」をクリックします。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

③バックアップの正常終了を確認します。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

④ファイルの構成内容を変更してVeeamBackupを起動してデータベース障害が発生したことを確認。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

⑤「SQL Server Management Studio Express」を起動して「システムデータベース」→「データベース復元(R)…」をクリックします。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

⑥復元先データベースの設定を行い「OK」をクリックします。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

⑦復元が完了したことを確認します。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

⑧VeeamBackupを起動してデータベースが復元されていることを確認しました。
(画像をクリックすると拡大表示されます。)

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください