物理、仮想バックアップを集中管理可能なVeeam Availability Consoleをリリース


先日、Veeam Availability Consoleがリリースされました。これは、サービスプロバイダーやEnterprise環境向けの集中管理ツールです。主に以下のような機能を備えています。

  • オンプレ、クラウド問わず、どのような環境にも展開可能

  • リモートでバックアップエージェントを管理、監視、展開
  • Veeam Cloud Connectのサポートと強化によるリモート検出と導入
  • Webベースのマルチテナントポータル
  • RESTful APIのサポート
  • 請求書の作成

※ Veeam Managed Portalの進化版で、Azureのマーケットプレイスのみでの提供だったVeeam Managed Portalと異なり、Windowsサーバーを用意すれば、どこにでも展開が可能です。

以下はサービスプロバイダー環境でのVeeam Availability Consoleの利用例です。Veeam Cloud Connectの機能により、Customer A, B, Cのバックアップをサービスプロバイダーのリポジトリに保存しています。これらの監視、管理、請求を行っているのが、Veeam Availability Consoleです。

参考:

Cloud Connectバックアップ

Cloud Connectレプリケーション


詳細はVeeam情報局へ記載しております。

 

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください