【Veeam ONE】vCloud Directorとの連携で大規模環境も簡単に監視


弊社で販売しているVMware/Hyper-V仮想環境のモニタリング・レポーティングツールVeeam ONEでは、vCenterやESXiホストレベルの監視に対応していますが、それだけでなく、バージョン7からはvCloud Directorレベルの監視にも対応しました。

Veeam ONE MonitorではvCloud Directorの各階層に応じて、それぞれの階層に所属する仮想マシンの健康状態、リソース消費状況、vAppの残り期限などを確認可能です。

vCD_View_Details_2

vCloud Directorの各階層に合わせた各種アラームも標準で搭載されています。

例えばvAppであればランタイムやストレージのリースタイムアウトに関するアラームがあります。

vCD_alarms_2

また、Veeam ONE ReporterでもvCloud Director用のレポートとして、組織vDCやプロバイダvDC単位、vApp単位でのパフォーマンスレポートを用意しております。

vCD_reporter_3

vapp_performance

さらに、Active Directoryを使い、ユーザーごとに権限を設定し、そのユーザーに許可された領域のみのモニタリング・レポーティングを行えるようになりました。
これにより、各クライアントユーザーが自身でリソースの状況や仮想マシンに発生した問題を確認・把握することが可能です。

monitor_scope

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください