ホーム > 製品・サービス > Database Performance Analyzer > 対応データベース
Ignite(イグナイト)



※問い合わせフォームよりお申込みください
監視データベースとして、MS SQL Server、Oracle、DB2、SAP Sybase ASE、MySQLに対応しており、クラウド上のデータベースにも利用できす。また、VMware環境を監視することもできます。

エージェントレス

Oracle

DPA(旧Ignite)では、以下のOracleのバージョンに対応しています。

  • 18.3.x(シングルテナントおよびマルチテナント)
  • 12.2.x(シングルおよびマルチテナント)
  • 12.1.x(シングルおよびマルチテナント)
  • 11.2.x

また様々なOracleのエディションやRAC、E-Businessといった環境に対して監視が可能です。詳細は、以下の項目よりご参照ください。

Oracleのエディション

DPA(旧Ignite)は、Oracleの多数のエディションに対して柔軟に対応できます。例えば、Standard Edition(SE)の場合、データベースの監視として、DPAはベストな組み合わせです。データベース環境のサポートを行えるEnterprise Edition(EE)に対しては、パフォーマンスの根本原因の特定に役立ちます。Exadataにおいても、提供される膨大な情報量をモニター上に可視化します。

Oracleのエディション

Oracle RAC

DPA(旧Ignite)は、Oracle RACの環境の監視を行うために、40種類のRAC固有の待機イベントを用います。これにより、RACノード間でのバランスの悪さや、過度なオーバヘッド、パフォーマンスを低下させる不適切なRAC設定などを特定できます。

Oracle RAC

DPA for Oracle RACパフォーマンス・チューニングでは次のような項目の確認ができます。
・RACノード間でのアンバランス
・ノード間でのキャッシュ・アクセスでの過度のオーバヘッド
・パフォーマンスの劣化をもたらすような適切でないRAC設定

Oracle E-Business

OracleのERPパッケージであるOracle E-Business Suiteに対し、DPA(旧Ignite)はデータベースパフォーマンスの解析を行えます。モニター上で時間の浪費している箇所が表示されるため、どのモジュールによるものか、エンドユーザによるどのような実行によるものか、などの特定が容易にできます。

Oracle E-Business

Oracle Exadata

Oracle Exadata

Oracle Exadataはその投資額のため、このハードウェアのパフォーマンスが低い時には企業にとってその価値が問われます。Database Performance Analyzer for Oracle(旧 Ignite)はOracle Exadataのパフォーマンス・ボトルネックに対して洗練された、詳細な可視化を提供し、ユーザはROI(投資効率)を最大限にすることができます。

― Exadataへの投資を高いパフォーマンスで最適化 ―

Database Performance Analyzer(DPA)for Oracleは4クリック以内で難しいOracleのパフォーマンス問題を防ぎ、解決するように特別にデザインされています。Oracle Enterprise Manager(OEM)のような汎用ツールの様に複雑ではありません。DPA for OracleはOEMができないことをカバーします。DPAのWebベースのインターフェイスとインスタンス・ベースの柔軟なライセンスにより、DBA、開発者、IT管理者はパフォーマンス問題の解決に協力して当たることができます。

1. レスポンス・タイムにフォーカス
Exadataが提供する豊富な情報は学習、習得するには大変な量です。多くの ユーザは過度の基準のモニター、それらに誤ってフォーカスし、修正し、問題外という罠に引っかかってしまいます。パフォーマンスに対する直接的な相互関係の基準で明確な可視化を提供することでExadataの導入はもっと簡単なものになります。

レスポンス・タイムにフォーカス

2. パフォーマンスとコラボレーションの用に設計されて
ハードウェアに関わらず、古い格言は正しいものです。Exadataを使用してもひどいコードとアーキテクチャは、ひどいものです。DPA(Database Performance Analyzer)for Oracle Exadata パフォーマンス・チューニングを使用することでユーザはパフォーマンス・ボトルネックを特定するだけでなく、すべての変更の有効性を検証するための測定基準を提供します。

パフォーマンスとコラボレーションの用に設計されて

3. コンフィグレーションが鍵
スマート・フラッシュ・キャッシュを使用していてもExadata for OLTPはスマート・フラッシュ・キャッシュが適切に構成されていなければその有益性は完全には実感できません。明らかなフラッシュ・キャッシュ・ヒット比率の域を越えて、DPA for Oracleが提供するブロック・リード待ち時間はキャッシュ・パフォーマンスの最も効果的な計測方法の1つです。

Microsoft SQL Server

DPA(旧Ignite)では、以下のMicrosoft SQL Serverのバージョンに対応しています。

  • 2017(WindowsおよびLinux)
  • 2016 SP2
  • 2014 SP2
  • 2012 SP4
  • 2008 R2 SP3
  • 2008 SP4

また詳細な実行計画のビューを提供します。これにより隠れたパフォーマンスの危険性を未然に特定することができます。

SQL Server

MySQL / IBM DB2 LUW / SAP Sybase ASE

DPA(旧Ignite)では、以下のMySQL、IBM DB2 LUW、SAP Sybase ASEにそれぞれ対応しています。

データベースバージョン
MySQL5.7.9
5.6.10
Percona 5.6および5.7
Maria 10.0、10.1、および10.2
IBM DB2 LUW11.1
10.5
10.1
9.7
SAP Sybase ASE16
15.7
15.5

Oracle、SQL Serverと同様に、レスポンス・タイム(応答時間)を観点とした、データベースの監視を行うことで、パフォーマンス低下の原因を特定できます。

クロスプラットフォーム・ダッシュボード

クラウドデータベース

DPA(旧Ignite)では、以下のAmazon Web Service、Azure上のデータベースにも対応しています。これによりクラウド上でもオンプレと同様に分析を行うことが可能です。

Amazon RDS
Oracle12.2.x
12.1.x
11.2.x
Microsoft SQL Server2017
2016
2014 SP1
2012 SP2
2008 R2 SP3
MySQL5.7.9+
5.6.10+
Aurora 5.7.12+
Aurora 5.6.10a+
Azureデータベース
Azure SQL DatabaseV12

VMware

DPA(旧Ignite)では、以下のVMware仮想環境に対応しています。

ソフトウェアバージョン
VMware vCenter Server6.7
6.5
6
VMware ESX/ESXi ホスト6.7
6.5
6

VMwareのオプションを付与することで、データベース側、VMware側のリソースの双方の監視が可能です。またデータベースがVMに移行した場合でも、データベースのボトルネックと仮想サーバのリソースが関連付けて可視化されます。そのため仮想サーバとデータベースの問題を切り分けて特定することができます。

VMware

詳細資料


メールマガジンご登録はこちら AWS対応ソリューション Azure対応ソリューション VMware on IBM Cloud対応ソリューション 仮想アセスメントサービス 採用情報エントリ―受付中
  • 加盟ネットワーク
  • 日本アイ・ビー・エム
    ビジネス・パートナー/IBMiマニフェスト
    日本アイ・ビー・エムビジネス・パートナーIBMiマニフェスト
  • 日本オラクルパートナーネットワーク
    日本オラクルパートナーネットワーク
  • ヴイエムウェア株式会社
    プロフェッショナルパートナー
    ヴイエムウェア株式会社プロフェッショナルパートナー
  • アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
    アマゾンパートナーネットワーク
    アマゾンパートナーネットワーク


製品・サポートのお問合せ

お電話でのお問合せ

株式会社クライム/ソフトウェア事業部
03-3660-9336
06-6147-8201(大阪営業所)
受付時間 月~金 9:00~18:00
(土日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Webからのお問合せ

お問合せ入力フォームよりお気軽にお問合せください