株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


強力な暗号化でクラウドと仮想マシンを保護
エンタープライズレベルでも暗号化キーの管理を安全、簡単に

HyTrust DataControl

強力な暗号化ときめ細かなセキュリティ

HyTrust DataControlはエージェントによる暗号化(NIST認定のAES-128/256暗号化)を提供します。エージェントのインストールは数秒しかかからず、再起動などのダウンタイムなしで、GUIからのクリック操作により簡単に暗号化を提供します(APIによる統合も可能)。エージェントはVMの一部として動作するため、別ホストへの移動やプライベートクラウドからパブリッククラウドに移動したとしても永続的に保護可能であり、ユーザのエクスペリエンスやVMの管理方法に影響しません。また、IntelおよびAMDチップセットのAES-NIハードウェアアクセラレーションにより最高のパフォーマンスと透過性を提供します。さらに、仮想マシン内のデバイスごとに暗号化キーを適用できるため、データパーティションやWindowsのブート、Linuxのルート、スワップパーティション、ファイル、オブジェクトというように細かく暗号化を行うことも可能です。

マルチテナントにも対応するシンプルで簡単なキー管理

HyTrust DataControlはHyTrust KeyControlによりシンプルなキー(暗号化鍵)管理を提供します(FIPS 140-2 Level 1 認証/HSMによるFIPS 140-2 Level 3準拠)。ウェブブラウザやAPI(RESTful APIによる運用タスクの簡素化)からポリシーを設定でき、ポリシーに合わせて、自動でキーを追跡し、必要に応じてキーを作成、割り当て、破棄します。また、マルチテナントにも対応しており、各テナントで独立した管理者アカウントを使用し、システム管理を複数に分化、必要に応じた情報共有や業務の分担、人事評価をグループごとに設定可能であり、このような際に重要となる管理設定やシステムの変更を幅広く検知し、記録・通知するフォレンジック(不正証跡)ログも可能です。さらにHyTrust KeyControlは複数ノードで構成でき、環境規模に合わせて、クラスタあたり最大8ノードまで拡張できます。これによりエンタープライズレベルの環境でも利用でき、アクティブ-アクティブの高可用性な構成を実装できます。

マルチテナントにも対応するシンプルで簡単なキー管理

【HyTrust KeyControl】KMIP準拠 – 幅広い範囲の暗号化プラットフォームをサポート

HyTrust KeyControlは、以下のパブリッククラウドおよびプライベートクラウドで展開でき、
HyTrust DataControlポリシーエージェントでの暗号化、vSphere 6.5より登場したVMware Encryptionの暗号化キー管理、
vSAN Encryptionの暗号化キー管理、仮想Trusted Platform Module(vTPM)による暗号化、
Nutanix標準の暗号化(Data at Rest Encryption)など、様々な暗号化方式のキーを管理できます。
参考記事:https://www.climb.co.jp/blog_veeam/hytrust-16236

また、HyTrust KeyControlは、VMware標準の暗号化に必要なKMS (Key Management Server)としてVMwareより認定を受けており
暗号化がサポートされている1.1から1.4までのKMIPプロトコルすべてで動作が保証されています。

VMware Encryption

VMware Encryption

vSAN Encryption

vSAN Encryption

【HyTrust KeyControl】 HyTrust組み込みのクラスタ構成で可用性の向上

HyTrust KeyControlは、HyTrust組み込み機能を使用し、複数KeyControlノードをクラスタとして構成でき、万が一どれかのノードが破損し起動できなくなった場合でも、残りのKeyControlノードが暗号化/復号化リクエストを処理可能です。
この時、高価な共有ストレージは不要で、設定としても各KeyControlノードをペアリングするのみで問題なく、設定の負担やコストを抑えて可用性のある運用が可能です。
※クラスタは最大8ノードまで拡張可能です。
参考記事:https://www.climb.co.jp/blog_veeam/hytrust-18916

HyTrust組み込みのクラスタ構成で可用性の向上


HyTrust
技術ブログ
動画でみる
HyTrust
Webセミナー
(約45分)
概要
CloudControl
DataControl/KeyControl
資料
資料
購入
ライセンス体系
30日間無料評価
お問合せ・お見積り
テクニカルブログ
HyTrust製品の最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2021 Climb Inc.