DBMotoからSyniti Data Replicationへのアップグレード方法


異種データベース間のレプリケーションツールである「DBMoto」が、
Ver 9.6より「Syniti Data Replication」とリネームされました。

リネームされただけではなく、対応データベース拡張や多くの機能改善が含まれております。
既に「DBMoto」をお使いの環境でも、もちろんアップグレードに対応しています。

● DBMotoからSyniti Data Replicationへのアップグレード手順

  1. Windowsのタスクトレイまたはサービス一覧より、DBMoto Data Replicatorサービスの停止

    ※Log Server Agent方式を採用している場合、Windowsサービス一覧より、
    トランザクションセットアップにて定義されたサービスも停止する


  2. レプリケーションジョブを右クリックし、レプリケーションジョブを有効にするをクリックし、レプリケーションジョブを無効化(濃い緑色から薄い緑色へ変化)
    ※グループ化を使用している場合には、全グループを無効化

  3. メタデータを右クリックし、バックアップを取得

  4. DBMotoコンソールよりmetadetaをクリックし、キーボードの「Ctrl」+「Shift」+「M」を押す
    ※以下のように、一瞬メタデータ読み込みが発生し、ソースやターゲット接続表示が折りたたまれます。
  5. DBMoto コンソールを閉じる
  6. Syniti Data Replicationのインストーラを実行

  7. ウィザードを進める中で、.Net Framework 4.6のインストールを求められた場合には、インストールを実行
  8. Syniti Data Replicationのライセンスキーを、Importより指定
  9. アップグレードを実行

    上記の手順により、構成情報を引き継いだ状態でDBMotoからSyniti Data Replicationへアップグレードできます。

    また、トランザクション方式としてLog Server Agentを利用している場合には、
    追加で下記の操作を実施する必要があります。

  10. SynitiインストールフォルダのDBServiceInstall.exeを起動

    デフォルトでは、上記実行ファイルは下記パスに存在します。
    C:\Program Files\Syniti\Data Replication V9

  11. 更新を行いたいLog Server Agentサービスを選択し、右端のボタンをクリック
    今回は、DBMoto_LSA_MySQLというサービスの構成を更新します。
    ボタンをクリックすると、以下のようにサービスパスがアップグレード前のDBMotoのフォルダを指定していることがわかります。
  12. 実行ファイルパスをSynitiフォルダへと更新
    Service Path欄の実行ファイルパスを、Synitiフォルダのものに更新します。
    デフォルトでは、下記パスのファイルが指定されます。
    C:\Program Files\Syniti\Data Replication V9\DBMLogReaderAgent.exe
    ファイルパスの変更が終了したら、Update Serviceボタンをクリックします。
    上記にて、Log Server Agentサービスの更新は完了です。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください