ESXサーバー設定(Veeam Backup&Replication許可)【VMWare専用 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】


Veeam Backup & Replicationを使用してESXに接続時に下記のようなエラーが発生する場合があります。

【エラーメッセージ】
Failed to login to “ESXのIPアドレス” by SSH port 22 “root”.elevateToRoot,autoSudo False User authentication failed

■サンプル画像

Veeam Backup&Replicationのソース及びターゲットにESXサーバーを指定する場合は
あらかじめESXサーバーの設定を行う必要があります。

/etc/sshフォルダにあるsshd_configファイル内にある
PermitRootLoginをyesに変更します。(デフォルトはno)

この設定をすることにより、Veeam Backup&ReplicationサーバーよりESXサーバーを
接続することができます。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください