株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Maxta(マクスタ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
dspMigrate(dspマイグレート)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > DB2 Connectivity > HiT JDBCファミリ

HiT JDBCファミリ

HiT JDBC/DB2 と HiT JDBC/400はコンパクトで、ユーザ・アプリションやサードパーティ製品からのDB2 SQLアクセスを可能とする100% Pure Java type 4ミドルウェアです。HiT ODBCファミリ

HiT JDBCはDB2データにアップデート、抽出、インサートするためにDB2サーバとの標準JDBC(Java Database Connectivity)ファンクション・コールとコミュニケーションを実装しています。DRDA(Distributed Relational Database Architecture)とOS/400 Optimized Database Serverを含む標準DB2アクセス・プロトコールを使用することで、HiT JDBC製品はネイティブなIBMサーバ・プログラムとコミュニケーションでき、新たなDB2ホスト・システムにプログラムを追加する必要はありません。また2バイト言語にも対応しています。さらにDB2サーバとの全てのコミュニケーションはオプションとしてSSL v3.0での暗号・認証をサポートしています。

HiT JDBCはメジャーなJava開発ツールとともに使用することができます。HiT JDBCは信頼性が高く、堅固な機能セットを実装しています。マルチスレッド・サポートにより全てのアプリケーションは高速化が約束されています。

HiT JDBC/DB2はz/OS, OS/390, VSE/VM, AIX, Solaris, Linux, OS/2, Windows 用DB2アクセスに対応し、HiT JDBC/400はIBM OS/400プラットフォーム, IBM i(AS/400)のDB2アクセスに対応します。

HiT JDBCはWeblogic, WebSphereなどのアプリケーション・サーバとシームレスにインテグレートすることができます。

HiT JDBC/DB2 と HiT JDBC/400はJVM 1.02 以上が稼動するオペレーティング・システム上で利用することができます。

HiT JDBCの主な機能

HiT JDBC/400

HiT JDBC/400(IBM i(AS/400)用)はDB2データ(タイプ4 ドライバ)をアップデート、抽出、インサートするための標準JDBC(Java Database Connectivity)ファンクション・コールを受け取り、JavaアプリケーションとAS/400サーバ間のコミュニケーションを提供します。HiT JDBC/400はWindows, Unix, Linux, AIX, IBM OS/400, IBM OS/390などJVM 1.02以上が稼動するオペレーティング・システムにインストールできます。

HiT JDBC/400はストアード・プロシージャ、マルチ結果セット、スタティックSQL/パッケージなどアプリケーション・パフォーマンスを高速化するためのフルSQLファンクションをサポートします。マルチ・スレッドはアプリケーションの高速化を高めます。開発者はJDBC level 3適合によりスクローラブル結果セット、バッチ・アップデート、セーブポイント、接続プール・コンフィグレーション、パラメータ・メタデータの検索、自動生成キーの検索、データベース・メタデータAPI、ホーダブル・カーサ・サポート、ARRAY、REFとブーリアン・データ・タイプ、Unicodeとタイム・ゼロ・サポート、アップデート可能なBLOB/CLOBフィールドを含む強力な新規データ・アクセス技術を活用することができます。

HiT JDBC/DB2

HiT JDBC/DB2ユーザはIBM DRDA(Distributed Relational Database Architecture)プロトコール標準を活用することで、ネイティブなIBMサーバ・プログラムを使用することができ、そのために新たなDB2サーバ・プログラムを追加する必要はありません。DB2 LUWサーバと同様にDB2 LUW for z/OS または OS/390をサポートします。

HiT JDBC/DB2はWindows, Unix, Linux, AIX, IBM OS/400, IBM OS/390などJVM 1.02以上が稼動するオペレーティング・システムにインストールできます。

HiT JDBC/DB2はストアード・プロシージャ、マルチ結果セット、スタティックSQL/パッケージ、分散トランザクション・サポートを含むアプリケーション・パフォーマンスを最適化するためのフルSQL機能をサポートします。開発者はJDBC level 3適合によりスクローラブル結果セット、バッチ・アップデート、セーブポイント、接続プール・コンフィグレーション、パラメータ・メタデータの検索、自動生成キーの検索、データベース・メタデータAPI、ホーダブル・カーサ・サポート、ARRAY、REFとブーリアン・データ・タイプ、Unicodeとタイム・ゼロ・サポート、アップデート可能なBLOB/CLOBフィールドを含む強力な新規データ・アクセス技術を活用することができます。DB2 v. 9以上のユーザにはHiT JDBC/DB2はXMLデータタイプでIBMのPureXML機能をサポートし、SQLまたはXQuery経由でのデータ・アクセスが可能です。


リアルタイムWebデモのお申込みはこちら 無料評価版のお申込みはこちら お見積・ご購入窓口はこちら 電話・メールでのお問い合わせ・お見積はこちら