株式会社クライム

クラウド対応
Climb Cloud Backup for Microsoft365
Climb Cloud Backup & Security
Climb Cloud Backup for Google Workspace
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Azure
Veeam Backup for Microsoft Office 365
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
VirtuCache(バーチャルキャッシュ)
HyTrust(ハイトラスト)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
ストレージ関連
StarWind(スターウィンド)
ARTESCA(アルテスカ)
ExaGrid(エクサグリッド)
Blocky for Veeam(ブロッキー)
監視/管理
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
データベース・アクセス
Syniti Replicate(スィニティ)
GlueSync(グルーシンク)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
Accelario(アクセラリオ)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
技術サポート
Web遠隔サポート
技術専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無償評価版取り扱い製品
総合問合せ窓口
イベント&セミナー
セミナー情報
製品別個別セミナー
イベント出展情報
サポートトップへ
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > DB2 Connectivity > HiT ODBCファミリ

HiT ODBCファミリ

HiT ODBC ファミリは DB2 データのアクセス、抽出、アップデートするための Windows ODBC (0pen Database Connectivity)標準をサポートします。 HiT ODBCファミリ
HiT ODBC はクライアントとサーバ ・アプリケーションにおける最大のパフォーマンスを完全な SQL 機能(0DBC Level 3.x適合)でサポートします。 開発者キットにはVisual Basic キットツールと ADO、 RD0、 DA0、 ODBC Directインターフェイスを使用してデータをアクセスするためのソースコードを含んだ ASP ツールキットを含んでいます。

製品ファミリは
z/OS, OS/390, VSE/VM, AIX, Solaris, Linux, OS/2, Windows 用DB2アクセスに対応する
HiT ODBC/DB2 (クライアント版)と HiT ODBC Server/DB2(サーバ版)、
IBM OS/400 platforms, IBM i(AS/400)のDB2アクセスに対応する
HiT ODBC/400(クライアント版) と HiT ODBC Server/400(サーバ版)があります。


HiT ODBC for IBM DB2 LUW & z/OSの概要

HiT ODBC/DB2(IBM DB2 for z/OS & OS/390, VSE/VM, UNIX, Linux, Windowsプラットフォーム対応)はユーザ・アプリケーションやサード・パーティでのDB2データ・アクセス用のWindows SQLクライアント・ミドルウェアです。HiT ODBC/DB2は標準のWindows ODBC(Open Database Connectivity)ファンクション・コールを受付け、高速対応でDB2 SQLにトランスレーションし、DB2データにアクセス、抽出、アップデートを行うためにDB2サーバとコミュニケーションを行います。IBM DRDA(Distributed Relational Database Architecture)プロトコールを標準実装していることにより、HiT ODBC/DB2はネイティブなIBMサーバ・プログラムを使用し、追加のDB2サーバ・ソフトウェアは必要ありません。

HiT ODBC/DB2はストアード・プロシージャ、マルチ結果セット、スタティックSQL/パッケージ、マルチ・スレッド・サポートを含むアプリケーションを最大化するためのフルSQLファンクションをサポートします。ODBC level 3準拠により開発者は強力なデータアクセス・テクニック、カタログ・ファンクション、環境アトリビュートへのアクセス、拡張データ・タイプ、SQLバッチ・サポート、エラー・レポート、ANSI SQL-92アライメントを手にしました。HiT/ODBC DB2はWindows ODBC標準をサポートするアプリケーション開発ツールと使用することができます。

HiT ODBC/DB2(クライアント版)は Windows 7, Windows XP, Windows Vista, Windows 98/95で稼動します。
HiT ODBC Server/DB2 は Windows Server 2008/2003/2000, Windows NTサーバで稼動します。

HiT ODBC/DB2の主な機能

HiT ODBC/DB2


HiT ODBC/400の概要

HiT ODBC for IBM i ファミリ(HiT ODBC/400クライアントとHiT ODBC Server/400)はWindows ODBC標準をサポートするアプリケーション開発ツールと使用することができます。ビジネス・インテリジェンス(BI)、クエリ/レポーティング、データ・マイニングなど多くのソフトウェアがHiT ODBC/400と共に使用されています。第9世代ミドルウェアとして HiT ODBC/400は信頼性の高く、堅固な機能セットを含んでいます。

HiT ODBC/400はユーザ・アプリケーションやサード・パーティでのIBM i(AS/400)システム用のIBM DB2上のデータをアクセスするために使用されます。HiT ODBC/400はDB2データにアクセス、抽出、アップデートを行うためにwindows ODBC(Open Database Connectivity)標準をサポートします。

IBM ODBS(Optimized Database Server)プロトコール標準を活用することで、HiT ODBC/400はネイティブなIBMサーバ・プログラムを使用し、追加のDB2サーバ・ソフトウェアは必要ありません。

HiT ODBC/400はODBC level 3標準、ANSI SQL-92, X/Open, ISO CLI標準、ADO and ADO.NET等の業界標準をサポートします。ネットワークではHiT ODBC Server/400はIBM iサーバへ接続するためにTCP/IPとAPPCをサポートします。

HiT ODBC/400(クライアント版)は Windows 7, Windows XP, Windows Vista, Windows 98/95で稼動します。
HiT ODBC Server/400 は Windows Server 2008/2003/2000, Windows NTサーバで稼動します。

HiT ODBC/400の主な機能

HiT ODBC/400


リアルタイムWebデモのお申込みはこちら 無料評価版のお申込みはこちら お見積・ご購入窓口はこちら 電話・メールでのお問い合わせ・お見積はこちら