株式会社クライム

AWS対応 クラウドソリューション
AWS対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam ONE(ヴィーム ワン)
Veeam Essentials
Veeam Management Pack for System Center
Maxta(マクスタ)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Zerto(ゼルト)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > Veeam Backup & Replication > 機能詳細 > 共通機能(応用)

ストレージスナップショットを利用したバックアップ・レプリケーション

VMwareEnterprise Plus

SANストレージで取得したスナップショットを利用してバックアップやレプリケーションを行います。これによりVMへの影響を最小限に抑えた処理が可能です。SANスナップショットを利用しない場合と同様にCBT(変更点追跡)機能が有効であるため、高速な増分バックアップ、レプリケーションを実施できます。

対応ストレージ
・HP 3PAR StoreServ
・HP StoreVirtual(LeftHand / P4000 シリーズ)、StoreVirtual VSA
・NetApp FAS、FlexArray(V-シリーズ)、Edge VSA、IBM N シリーズ(NetApp FAS OEM)
・EMC VNX、VNX2、VNXe、Unity
・Nimble Storage AF-シリーズ、CS-シリーズ
ストレージスナップショットを利用したバックアップ・レプリケーション

SnapMirror、SnapVaultへの2次バックアップ SnapMirror、SnapVaultへの2次バックアップ NetAppを使用している場合、Veeamで静止点を取得したストレージスナップショットを、SnapVault、SnapMirrorに2次バックアップし、災害対策(DR)に利用できます。
また、Veeamを使用して、このスナップショットからVMやファイル単位のリストアも可能です。
参考記事:Veeam + NetAppによる効率的な仮想環境のデータ保護

遠隔地へのデータ転送の高速化機能

Enterprise Plus

オフサイトへの2次バックアップやレプリケーションはリモートサイト間で大量のデータを移動する必要があり、ネットワーク帯域への負荷が心配になります。これを解決するために、VeeamはWAN上でのデータ転送を最適化するWAN高速化技術を提供しています。
転送するデータブロックのダイジェストとキャッシュを作成し、すでにキャッシュに保存されているデータブロックを使用することで、WAN越しに転送するデータブロックを軽減することができます。
VMに対するエージェントなしに通常のファイルコピーの50倍高速に転送可能です。
遠隔地へのデータ転送の高速化機能

バックアップ・レプリカの自動復旧検証

EnterpriseEnterprise Plus

SureBackup/Replicaはバックアップ・レプリケーションが正確に行われているかを自動的に検証することができる機能です。ユーザの現状環境で利用可能なリソースを利用して、リカバリ検証プロセスを自動化して行い、バックアップの場合には分離された環境内に仮想マシンを作成し、バックアップファイルから直接、仮想マシンを起動させます。
仮想マシンをスタートさせ、OSをブートし、すべてが順調に稼動していることを確認することで、ユーザはアプリケーションが適切に機能していることと、データに欠損がないことを検証できます。
※SureReplicaはVMwareのみ
バックアップ・レプリカの自動復旧検証

エンド to エンドの暗号化

Enterprise(一部)Enterprise Plus(一部)

暗号化は透過的に行われるため、組み込みの圧縮やWANアクセラレーションのデータ削減率に影響を与えません。
また、パスワード損失時の保護機能により、ITスタッフがバックアップ時に設定したパスワードを失ってしまった場合でもセキュリティを損なうことなく、パスワードを回復する機能をIT管理者に提供します。(Enterprise、Enteprise Plusエディション)
・組み込みのAES 256-bitの暗号化により、安全にエンドtoエンドなバックアップ
・ソース側での暗号化(データを読み取るプロキシでの暗号化)
・転送処理での暗号化(レプリケーションとクイックマイグレーションでのネットワークトラフィックの暗号化)
・保存時の暗号化(“ソース側”を介した暗号化またはテープの暗号化機能)
エンド to エンドの暗号化

複数拠点のジョブを一元管理 ~Enterprise Manager~

Standard(一部制限)EnterpriseEnterprise Plus

Enterprise Managerは、複数のVeeamサーバで作成したジョブを単一のWebコンソールで管理、レポート作成するコンポーネントです。
バックアップとレプリケーションのジョブの実行や編集、クローンの作成ができるようになり、強化された通知とレポートのオプションを提供し、単一の管理ポイントとして機能します。
さらにバックアップ時にファイルのインデックスを作成したVM内のファイルを表示、検索できます。
ジョブの編集やクローンの作成は“Enterprise Edition”以上の機能となります。
参考記事: Veeam Backup Enterprise ManagerによるVeeam Backupサーバの統合管理

・バックアップステータスの表示
・ジョブの実行、停止
・VM、ファイル単位でのリストア -Enterprise以上-
・ジョブの編集、クローン -Enterprise以上-
複数拠点のジョブを一元管理 複数拠点のジョブを一元管理

外部ツールからVeeamのジョブを管理

vSphere Web ClientへのVeeamプラグイン vSphere Web ClientにVeeam Backup & Replicationのプラグインをインストールすることで、バックアップに関する詳細情報を表示し、管理を容易にします。具体的にはジョブの実行結果や使用可能なストレージ容量、保護されたVMの統計情報を表示し、VeeamZIPやクイックバックアップ機能を使用して、簡易にバックアップを作成できます。
※VeeamZIP:VMのフルバックアップ機能
※クイックバックアップ:既存ジョブ内の一部VMの増分バックアップ機能
参考記事: vSphere Web Clientから簡単バックアップ

外部ツールからVeeamのジョブを管理

APIのサポート

Enterprise Plus(RESTful API)

Veeamは「PowerShell」と「RESTful API」をサポートしております。
Veeamで行える様々な操作をコマンドから実行できます。ジョブの自動化や既存のプログラムへの組み込みなどが可能です。
※RESTful APIはEnterprise Plusエディションで使用可能です。
※各コマンドの実行結果をサポートします。
 スクリプトの作成や作成されたスクリプトの動作結果についてはサポートしておりませんので、ご了承ください。



Veeam導入無料相談窓口

技術ブログ