株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam ONE(ヴィーム ワン)
Veeam Essentials
Veeam Management Pack for System Center
Maxta(マクスタ)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Zerto(ゼルト)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
dspMigrate(dspマイグレート)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00

リストア

一般的な仮想マシン全体をリストアする際に、オリジナルの仮想マシンに上書きする方法と、同一ホスト、別ホストにかかわらず新しいロケーションに仮想マシンを新規作成し、リストアする方法から選択可能です。複数の仮想ディスク(VMDK, VHDX)で構成されている場合、仮想ディスクごとに保存先のデータストアを設定できます。 
また、オリジナルの仮想マシンに上書きする場合には、クイックロールバック機能を使用して、増分のみをリストアすることで、高速なリストアも可能です。
リストア
Veeamはその他にも作成したイメージベースのバックアップファイルから様々な方法でデータをリストアすることができます。また、最新の状態だけでなく、複数回取得したバックアップの任意の時点からリストアすることも可能です。
リストアオプション:
 ・インスタントVMリカバリ
 ・VM全体のリストア
 ・構成ファイル単位のリストア(vmx, vmdk, xml, vhdx)
 ・構成ディスク単位のリストア
 ・ファイル単位リストア
 ・アプリケーションアイテム単位リストア

インスタントVMリカバリ

特許取得済特許はVeeam社が米国で取得したものです

インスタントVMリカバリとは、Veeamにより圧縮、重複排除されたバックアップデータから直接仮想マシンを起動させる機能です。Veeam Backupサーバをホストのデータストアとしてマウントし、このデータストア内にあるバックアップファイルから仮想マシンの登録、起動を行うvPower技術を使用しています。この技術により、バックアップデータから本番ストレージにデータを転送することなく、バックアップデータから簡単に仮想マシンをスタートさせることができます。
このため、仮想マシンが停止してもわずか数分でどんなホスト上でも仮想マシンを再起動することができます。
インスタントVMリカバリ

仮想マシン内のファイルを復元

仮想マシン内のファイルを復元 ファイルレベルリストア機能を使用することで、仮想マシン全体をリストアしなくとも、必要なファイルのみバックアップファイルからリストアすることが可能です。リストア先には、元の仮想マシン、またはユーザのローカルドライブが選択できます。
また、バックアップのリストアポイントごとにファイルを抽出することも可能です。 この機能により、ファイルレベルと仮想マシンのイメージレベルの両方のリカバリを準備するために、データを2度バックアップする必要性はなくなります。
ファイルレベルリストアはWindows、Linux、Unix、FreeBSD、Solaris、MacOSのOSのファイルシステムをサポートします。
参考記事:ファイルレベルリストアでサポートしているファイルシステム

1 Click File Restore

1 Click File Restore Enterprise Edition以降をご利用いただければ既存のファイルレベルリストアを拡張し、ワンクリックでオリジナルの仮想マシンに対してファイルを復元することが可能です。これにより、ヒューマンエラーなどで削除されてしまったファイルを簡単に復元できます。 ※リストア先にはオリジナルの環境のほか、ローカルマシンも選択可能です。

アプリケーションのアイテム単位の復元

Veeamで取得したバックアップ内に含まれるアプリケーションからメールやレコード、ユーザといったアイテムをエクスプローラ形式で表示し、リストアすることができます。誤ったレコードの更新や、重要なメールを削除してしまったときに役立ちます。
サポートしているアプリケーション:
 ・Microsoft Active Directory
 ・Microsoft SQL Server
 ・Microsoft Exchange
 ・Microsoft SharePoint
 ・その他のアプリケーション(OracleやMySQLなど)
  ※U-AIR機能を使用して、ネイティブの管理ツールから復元します。(U-AIRはEnterprise以降で利用可能です。)
参考記事:U-AirとVeeam Explorerの違いについて

アプリケーションのアイテム単位の復元

SANスナップショットからVM、ファイル単位のリストア

HPやNetAppのストレージが作成したストレージスナップショットからVM、ゲストファイル、アプリケーションアイテムのリストアを数ステップで簡単にリストアすることができます。この機能を使用すると、低オーバーヘッドなSANスナップショットを活用して低RPOを達成することができます。
SANスナップショットからVM、ファイル単位のリストア

ユーザ毎にリストア可能なVMを制限 ~Enterprise Manager~

Enterprise Plus

ユーザ毎にリストア可能なVMを制限セルフサービスリストア機能を使用すると、Veeam Backup Enterprise Managerへログインする各ユーザにリストア操作を委任し、操作可能なVMを制限することができます。
また、ExchangeやMS SQLのアイテムをリストアする権限も委任可能です。リストアオペレータには内容を見せることなく、リストアのみが可能になります。

セルフリストアポータルセルフリストアポータル Veeam管理者が権限の設定等を行わなくとも、自動的に各VMオーナのためのファイルリストア用のポータルを作成できます。VMオーナは仮想環境を意識せず、自身のゲストOSのファイルを簡単にリストアできます。
 ・バックアップ時に対象ゲストOSのローカルのAdministratorsグループに
  ユーザが属しているかどうかでファイルリストアの権限を判別
 ・Microsoft Windowsのアクセス許可に基づき完全に委任を自動化
 ・対象ユーザはファイルのリストアと検索を専用のWebポータルから実施可能
 ・ポータルログオン時に自動的にリストア可能なVMのバックアップが選択されるため、ユーザはVM名を意識せずに利用可能
 

© 2007-2017 Climb Inc.