Grandfather-Father-Son(GFS)ストラテジー(戦略)とAWS


Grandfather-Father-Son

クラウドが登場する以前は、ストレージは高価であるだけでなく、非常に限られていました。 GFSバックアップ・スキームは、ストレージ・スペースの貴重なリソースを節約するための重要なスマート戦略の1つでした。

今日、AWSなどのパブリック・クラウドプロバイダーのおかげで、数回クリックするだけで誰でもこの無限のリソースプールにアクセスできます。 しかし、この無制限のストレージを使用するのは素晴らしいことですが、料金を支払う必要があります。そのため、GFSは現在でも使用されています。 さらに、AWSには独自のメリットがあり、クラウドでGFS戦略を利用すると、以前と同じかそれ以上の効果が得られます。

AWSでは、重要なデータの多くはEBSボリュームに保存され、ポイント・インタイム・スナップショット(S3に保存されているデータの増分バックアップ)を使用して定期的にバックアップされます。 フルバックアップではなくデータの増分バックアップを使用すると、多くのスペースを節約できます。 また、それらをS3に格納すると、信じられないほどの拡張性、可用性、および耐久性(99.999999999%)が提供されます。 S3は優れたセキュリティも備えており、例を挙げれば、PCI-DSS、HIPAA / HITECH、EUデータ保護指令、およびFISMAに準拠しています。

N2WSとGFSバックアップ戦略

N2WSでは、AWS専用に構築されたN2WS Backup&Recoveryと呼ぶ優れたクラウド・ネイティブ・バックアップツールを開発しています。 この製品を使用すると、EC2インスタンスを自動的にバックアップするだけでなく、災害発生時にインスタンスを非常に高速に復元できます。必要があれば重要なワークロードを別のリージョンだけでなく、別のAWSアカウントでも30秒以内に実行できます。

N2WS Backup&Recovery Ver2.4以降、N2WS Backup&Recoveryはいくつかの大きな改善を行いました。その1つは、スナップショットを直接S3に保存する機能です。 これ以前は、スナップショットの保存は実際には1 GBあたり$ 0.05で、S3の通常のコスト(GBあたり$ 0.023)を大幅に上回っていました。 これで、S3が提供するすべての利点に依存しながら、スナップショット・ストレージを大幅に節約できるようになりました。

これにより、GFS戦略を設計するときに、さらに多くの操作の余地ができました。 以前と同じプランを使用できますが、コストはさらに下がります。または、ポリシーの保持を増やして、以前と同じ金額を費やしながら、より多くのバックアップとリストア・ポイントを取得できるようになりました。

結論

GFSバックアップ戦略は、リソースの不足が主な問題であったテープ・バックアップの昔から始まっていますが、それでも、コスト最適化のためのソリューションとして、現在のクラウド・コンピューティングでの使用が多く見受けられます。 今日のGFSは、いくつかの最新ツールとテクノロジーと相まって、実際には以前よりも多くの機能を提供できます。 したがって、AWSを実行していて複雑なバックアップソリューションが必要な場合は、GFSとN2WSのバックアップとリカバリで解決することができます。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください