Amazon S3と GlacierへのVeeam VTLオプション [ StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam] テープ機能(VTL)でコスト効率の良いバックアップ代替えを! Azure Cloud Storageを 指定することも可能!


VeeamにおけるVTLオプション:

Veeam ユーザはスケーラブルで、コスト率の良いテープの代替選択肢としてAmazon AWS、Microsoft Azureオブジェクト・ストレージ上でVTL(Virtual Tape Library)を使用することができます。VeeamユーザはこれをVeeam Backup & Replicationとで利用でき、現状のバックアップ処理に影響することはありません。Veeamでの統合したVTLソリューションはデータは低遅延のAWSのパブリッククラウドストレージ(Amazon Simple Storage Service: S3)で稼働し、データを長期間保存するためのコスト効率に優れたAmazon Glacier Storageに移行することができるスマートなデステージングが含まれています。VeeamではAmazon、AzureまたはMicrosoft Azureのネイティブな VTLとStarWind VTL to Cloudという2つの選択肢があります。

VeeamとStarWind VTL to Cloud
StarWind Cloud VTL for AWS でVeeamユーザが3-2-1バックアップ・ルールに確実に準拠したバックアップ・インフラと対になったクラウド・ストレージを活用することができます。余分な3rdパーティのソフトをインストールすることなく、コスト効率の高い「コールド」オブジェクトストレージを簡単に統合できます。

キャッシュを仮想テープ・ライブラリとして使用することで、バックアップ・ウィンドウに適応できるようにデータがキャッシュ(SATA HDD)に高速で書き込まれ、インフラストラクチャへの負荷を低減します。

この新しいソリューションは、次のような主な利点をユーザにもたらします。

  •  Disk-to-Disk-to-Cloud (D2D2C)バックアップの実装
  • 「 Veeam ready」ソリューションのStarWind Cloud VTL
  • パフォーマンスと効率の特性が異なるクラウドストレージ間のバックアップを「階層化」できる能力

StarWind Virtual Tape Library(VTL)は、低価格なSATAドライブを実テープ・ハードウェアをエミュレートすることで仮想テープに変換し、Amazon GlacierやAmazon S3などのパブリック・クラウド・ストレージにデータをオフロードすることが可能です。

StarWind  VTL for AWS and Veeam はバックアップとディザスタリ・リカバリに関してストレージ容量は10TB制限がありますが, クライム・Veeamユーザには無料(取説付き)で提供しています。サポート費は別途有償になります。
インストール、設定方法については、こちらのブログをご確認ください。

※レプリケーション先として、Microsoft Azure Cloud Storageを
指定することも可能です。

StarWind Cloud VTL for AWS and Veeamの価格等については、貴社担当の営業もしくは、[StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam]と記入いただき、以下のフォームまでお問い合わせください。

https://www.climb.co.jp/soft/veeam/contact/index.php

 

 

 

 

 

StarWind VTL は Veeam Ready ソリューションです。

関連トピックス