「StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam」のインストールと構成方法【詳細編】StarWind Cloud VTLをディプロイし、Amazon S3との統合を設定する方法について説明します。


はじめに

このブログでは、StarWind Cloud VTLをディプロイし、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)との統合を設定する方法について説明します。

StarWind Virtual Tape Library(VTL)は、業界標準のテープハードウェアをエミュレートし、すべてのデータを安価で高速かつ大容量の回転ディスクに保存することにより、物理テープの必要性を排除する、StarWind Virtual SANの機能です。物理的なテープを完全に取り除きたい、もしくは、バックアッププロセスを加速し、余分な保護のレベルを追加したいと考えているSMBもしくはEnterprise向けに設計されています。

このブログは、StarWind VirtualSAN®ソリューションを構成したいと考えている、またはStarWindを習熟したユーザー、Windowsシステム管理者、およびITプロフェッショナルを対象としています。 VTLデバイスを作成し、Amazon Web Servicesでレプリケーションを構成する方法について、段階的なガイダンス行います。

構成

1 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

このブログでは、最もシンプルな設定を例にして設定プロセスについて説明します。 すべてのコンポーネントは、単一のスタンドアロンサーバに展開されます。

特定のインフラストラクチャ要件によって、主要なコンポーネント(StarWind Cloud VTLVeeam Backup&Replication Server)を異なる方法でデプロイすることもできます。

StarWind Cloud VTL for AWS and Veeamのインストールと構成ガイダンス

  1. StarWind Cloud VTLをインストールするサーバ上で、ダウンロードしたセットアップファイルを起動します。 セットアップウィザードが表示されます:

2 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

Nextをクリックします。

  1. License Agreementを確認し、I accept the agreementにチェックを付けて、Nextをクリックします。

3 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 新しい機能と改善点についての情報をご覧ください。 赤色で記載されているテキストは、既存ソフトウェアのインストールを更新しているユーザに対して警告を示しています。情報を確認していただき、Nextをクリックします。

4 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Browseをクリックして、必要に応じてインストールパスを変更し、Nextをクリックします。

5 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. StarWind Cloud VTLサービスとStarWind Virtual SAN Serviceをインストールするには、Cloud Replicator for VTLにチェックを付けて有効にし、Nextをクリックします。

6 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. スタートメニューフォルダを指定し、Nextをクリックします。

7 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. デスクトップアイコンを作成する場合は、Create a desktop iconにチェックを付けて有効にし、Nextをクリックします

8 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Request time-limited fully functional evaluation key、またはRequest FREE version keyを選択します。 StarWind Virtual SANの購入時に送付された商用ライセンスキーを使用することができます。 適切なオプションを選択し、Nextをクリックします。

9 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. ライセンス情報を確認します。Nextをクリックして、ライセンスキーを適用します。

10 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. インストール設定を確認し、Installをクリックします。変更がある場合は、Backをクリックします。

11 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

セットアップウィザードを終了した後、適切なチェックボックスを有効にしてStarWind Management Consoleを起動します。

12 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

Finishをクリックし、ウィザードを閉じます。

バーチャルテープライブラリ(Virtual Tape Library)の設定

  1. StarWind Management Consoleを起動します:StarWindトレイアイコンをダブルクリックします。

※StarWind ServiceとManagement Consoleが同じサーバにインストールされている場合、Management Consoleは最初の起動後に自動的にローカルStarWindインスタンスをコンソールツリーに追加します。次に、Management Consoleがデフォルトの資格情報を使用して自動的に接続されます。リモートStarWindサーバーをコンソールに追加するには、コントロールパネルのAdd Serverボタンを使用します。

  1. StarWind Management consoleは、初めて接続するサーバ上のデフォルトのストレージプールを指定するように設定します。以前のStarWindストレージとして準備したボリュームの1つを使用して、デフォルトのストレージプールを構成してください。Add Deviceウィザードで作成されたすべてのデバイスはデフォルトでストレージプールに保存されます。StarWindバーチャルディスクに別のストレージパスを使用する場合は、Add Device(advanced)メニュー項目を使用してください。

13 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Yesボタンを押してストレージプールを設定します。ストレージプールの宛先を変更する必要がある場合は、Choose path…をクリックし、ブラウザを必要なディスクに指定します。
  2. デバイスを作成したいStarWindサーバを選択します。
  3. ツールバーのAdd VTL Deviceボタンを押します。
  4. Add Device Wizardが表示されます。
  5. バーチャルテープライブラリの場所を指定します。

14 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. ドロップダウンリストからデバイスモデルを選択し、Nextをクリックします。また、新しく作成したテープライブラリのすべてのスロットに空のテープを書き込むこともできます。

15 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Target Aliasを入力するか、デフォルトのまま選択し、Nextをクリックします。

16 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Createをクリックし、進捗状況を確認します。

17 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 作成が完了したら、Closeをクリックします。

18 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 次に、テープを作成します。まず、VTLデバイスを選択し、TapesセクションのCreate Tapeをクリックすると、Create Tapeウィザードが表示されます。必要に応じて、テープファイルを格納する必要のあるカスタムパスを指定し、Nextをクリックします。

19 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Number of Tapes, Tape Typeその他のパラメータを指定し、Createボタンをクリックします。

20 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 作成されたテープは、StarWind Management ConsoleのVTLデバイスの最初のスロットに表示されます。

21 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

AWSでのアクセスキーIDとシークレットアクセスキーの取得

  1. アクセスキーIDとシークレットアクセスキーを取得するには、AWS Management Consoleを起動します。

※以下の手順は、Amazon Web Servicesアカウントがすでに登録されていることを前提としています。

  1. 次に、Service > Security,Identity & Compliance > IAMをクリックします。

22 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Usersをクリックし、既存のユーザーを選択するか、新しいユーザーを作成します。

23 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 対応するユーザーに必要なpermissionsを割り当ててください。

24 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. ユーザーのプロファイルでSecurity Credentialsをクリックし、Create access keyをクリックします。

25 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Secret access keyフィールド内のShowをクリックします。

26 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

※この情報は、後の設定に使用されるため、Access key IDSecret access keyを保存してください。

Download .csv fileをクリックして、Access key IDSecret access keyをダウンロードして保存することもできます。

次のリンクでUser’sタブを開くことができます:

https://console.aws.amazon.com/iam/home?#/users

Amazon S3 Bucketの作成

  1. Amazon S3 Bucketを作成するには、StorageS3を選択します。

27 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Create Bucketをクリックします。

28 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 適切なBacket nameを入力し、ドロップダウンメニューでRegionを選択し、Createをクリックします。

29 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 新しいバケットが作成されます。

30 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

レプリケーションの設定

  1. StarWindとAWS間でレプリケーションを有効にするには、VTL deviceに移動し、Cloud Replicationをクリックします。

31 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Replication Settingsで、Access Key ID、Secret access key、Region、Bucket Nameを指定し、Nextをクリックします。

※選択したRegionがS3バケットの作成中に指定されたRegionに対応することを確認してください。

32 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Tape File Retention Settingsを選択し、Applyをクリックします。レプリケーションするために、既存のテープをエクスポートするときに、create new empty tapes automaticallyを選択することもできます。

33 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

これで、GlacierにオフロードされたAmazon S3への自動テープ複製が、上記で指定した保存ポリシーに従って正しく設定されます。

※Move During the Dayオプションは、Amazon S3からGlacierへデータを転送するためのリクエストをAmazon S3 APIに発行します。Amazonオブジェクトストレージ技術は、Glacierとのデータの送受信を前提としておりません。StarWind Cloud VTL Serviceは、リクエストを送信し、Amazonはその日に実行されるデータ転送のスケジュールを行います。

企業のRTOおよびRPOターゲットに応じて、Retention Settingsを構成する必要があります。

バックアップホストへのVTLのマウント

VTLデバイスをVeeam BackupおよびReplication Serverにパススルーするには、最初に、対応するVTL iSCSIターゲットをマウントする必要があります。すべてのコンポーネント(Veeam B&R ServerおよびStarWind VTL)は単一のスタンドアロンサーバ内に配置され、構成されます。そのため、この例のテープライブラリiSCSIターゲットもローカルにマウントされます。

  1. Microsoft iSCSI Initiatorを開き、Discoveryタブに移動し、Discover Portalをクリックします。

34 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. ローカルホストアドレス(127.0.0.1)を入力し、Advancedをクリックします。

35 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Local AdapterドロップダウンリストからMicrosoft iSCSI Initiatorを選択し、OKをクリックします。

36 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 新しく追加されたディスカバリーポータルがリストに表示されます。
  2. Targetタブに移動し、StarWind VTLデバイスに対応するiSCSIターゲットを見つけてConnectをクリックします。
  3. Enable Multipathオプションを選択し、 Advancedをクリックします。

37 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Local adapterMicrosoft iSCSI Initiatorを設定し、Target portal IP127.0.0.1 / 3260を指定してOKをクリックします。

38 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

VTL iSCSIターゲットはリストにConnectedと表示されます。

テープライブラリドライバのインストール

HPから最新のアップデートドライバをインストールすることをお勧めします。HP MSL8096のドライバは、こちらからダウンロードできます。Windows Server 2016をサポートする現在のバージョンは4.3.0.0です。HPドライバは、StarWind VTLデバイスがiSCSI経由でマウントされているホストにインストールする必要があります。これからローカルホストでの手順を例に説明します。

  1. Step 4でダウンロードしたドライバを抽出し、cpqsetup.exeを起動します。

39 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Select Allにチェックを付けて、Installをクリックします。

40 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. ドライバがインストールされます。 メディアチェンジャーデバイスがHewlett Packard MSL G3 Series library (x64 based)として表示されていることがわかります。

41 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

これで、Veeam B&Rにテープライブラリを追加する準備が整いました。

StarWind VTLデバイスをVeeam B&Rテープインフラストラクチャに追加する

  1. Veeam Backup&Replicationを開きます。 Tape Infrastructureタブを開きます。

42 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Add Tape Serverウィザードを開きます。 ローカルサーバを選択し、Nextをクリックします。

43 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. ウィザードが完了したら、Finishをクリックします。

44 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. テープインベントリジョブが終了すると、すでにロードされているテープドライブを搭載した、新たに追加されたテープライブラリデバイスが表示されます。

45 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

Amazon S3への自動オフロードによるFile to Tapeジョブの設定

  1. Homeタブに移動し、Tape jobをクリックしてFILESを選択します。

46 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Job name/Descriptionを入力し、Nextをクリックします。

47 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. バックアップするファイルを選択し、Nextをクリックします。

48 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Add Newをクリックし、新しいメディアプールを追加したら、Nextをクリックします。

49 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. New Media Poolウィザードが表示されます。 新しいメディアプールのName/Descriptionを指定します。

50 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. メディアプールに既存のテープを追加し、Nextをクリックします。

51 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Media Set nameの入力と、必要に応じて追加設定を構成してNextをクリックします。。

52 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 必要に応じて優先保持設定を指定し、Nextをクリックします。

53 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 必要に応じて追加オプションを指定し、Createをクリックします。

54 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. サマリを確認し、Finishをクリックします。

55 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. New File to Tape Jobウィザードに戻り、Nextをクリックして続行します。

56 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. 必要に応じて増分バックアップスケジュールを構成します。増分バックアップ用に同じメディアプールを選択するか、新しいメディアプールを追加し、Nextをクリックします。

57 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. バックアップジョブの作成後、追加設定を指定し、Amazon S3に対し自動的にテープがオフロードできるようにするには、Export current media set upon job completionをオンにします。また、Eject media upon job completionにチェックを付けて有効にすることもお勧めします。

58 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. すぐにバックアップジョブを実行する場合は、Run the job when I click Finishを有効にします。

59 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Runningジョブナビゲータを使用して、ジョブの進行状況を表示できます。

60 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. ジョブが終了すると、step 13で設定したジョブ設定に従って、テープが自動的にイジェクトされてエクスポートされ、Offlineとしてマークされます。

61 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. テープはジョブの作成時に自動的にエクスポートされ、StarWind Cloud VTLレプリケーションポリシーはReplicate Immediatelyに設定されていたため、Amazon S3へのレプリケーションプロセスは自動的に開始されました。Offline Shelfの概要を使用して、StarWind Management Consoleで進行状況を確認できます。

62 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

※バックアップジョブの作成時にテープライブラリのスロットにテープを保管し、後でAmazon S3にロードすることもできます。これを行うには、Veeam B&R Consoleを使用して、 Export current media set upon job completionおよびEject media upon job completionオプションをFile to Tape Job設定で無効にします。バックアップジョブが完了したら、Veeam B&R ConsoleでTape Infrastructure > Libraries > Media > Onlineをクリックしてアップロードするテープを選択し、右クリックしてExportをクリックします。この後、テープはStarWind Cloud VTLの指定されたRetention Settingsに従ってAmazon S3に自動的にオフロードされます。

  1. テープがクラウドに正常にアップロードされると、Offline ShelfのテープロケーションステータスがLocal = No/Cloud = Yesに変更されます。

63 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

テープはAmazon S3オブジェクトストレージに配置され、StarWind Cloud VTL Retention Settingsに従ってローカルストレージから自動的に削除されます。

Amazon S3から以前バックアップしたテープをリストアする

  1. StarWind Management Consoleを開き、VTLデバイスを選択します。

64 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Restore from Cloudオプションをクリックすると、対応するウィザードが表示されます。 バーコードを使用してテープを識別します。 テープをクリックし、Restoreをクリックします。

65 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. ダウンロードの進捗状況は、Offline Shelfオーバービューから確認できます。 ダウンロードが完了すると、Offline Shelfオーバービューでのテープの場所のステータスがLocal = Yes/Cloud = Yesに変わります。

66 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. ダウンロードしたテープをOffline Shelfセクションで選択し、Insertをクリックしてtape libraryにテープを挿入します。
  2. テープがtape libraryにデプロイされます。

67 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. Veeam B&R Consoleで、Tape Infrastructureに移動し、tape library deviceを右クリックします。Catalog Libraryオプションを選択します。

68 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. カタログ作成が終了すると、テープが空きドライブスロットに挿入されます。

69 - StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam Installation and Configuration Guidance

  1. これで、Restore Fileウィザードを使用してテープからデータリストアできます。

さいごに

クラウドバックアップに対するディスクを実装をすると、バックアップセットの保護と可用性がさらに向上します。StarWind Cloud VTLはバックアップセットをAmazon Cloud Storageに移動し、オフサイトで利用できるようにします。したがって、バックアップの迅速かつ容易なトランスポートが出来るようになり、企業は災害の復旧を行うことが可能です。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください