Veeam Backup & Replication v11新機能予定:Veeam Agent for Microsoft Windowsとストレージシステムの統合


前回のブログから引き続き、 Veeam Live 2020 で紹介されたVeeam Backup & Replication v11で搭載予定の新機能を紹介していきます。
※あくまでも実装予定機能となるため、場合によっては実装時期が延期されることがございます。
※2020/10/25現在の情報となります、最新情報については随時アップデートしていきます。

今回は、Veeam Agent for Microsoft Windowsとの連携強化について紹介します。

もともと、Veeamは物理マシンのバックアップやハイパーバイザー側のスナップショット機能が使用できないVM(独立型ディスクやリンククローンなど)のバックアップ手法として、エージェントベースでのソフトウェアを提供しています。

まだまだ現役の物理アプリケーションサーバや普段オフィスワークで使用するクライアント端末どちらにも使用可能で、フェイルオーバークラスタを意識したバックアップやVeeam Backup & Replication管理サーバからの統合管理、Veeam独自のスナップショットモジュールや変更点追跡機能、アプリケーション整合性機能など、多くの機能を実装しています。
※こちらのクライムどこでもセミナーでも紹介しています。

ただ、物理アプリケーションサーバで運用されているケースとして、ディスクI/Oの観点からSANストレージ、特に各ストレージベンダーが出している高速なストレージを使用した3-Tier構成が多いです。
これまでのVeeam Agentのバックアップにおいては、Veeam組み込みのスナップショット機能によるディスクの静止後、前回からの変更があるデータブロック取得しており、せっかくハードウェア側で高速なスナップショット機能が存在していても使用できないため、マシン自体が高速なためバックアップパフォーマンスは良いものの、必ずしも効率的なバックアップではありませんでした。

これがVeeam Backup & Replication v11およびVeeam Agent for Microsoft Windows v5では、こちらのブログにもあるように各ストレージベンダーが提供している高速なスナップショット機能との統合によって、物理Windowsマシンの場合でもストレージ側機能の恩恵(負荷低減、高速化)を受けられるようになる予定です。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください