株式会社クライム

年末年始のお休み:2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
N2Ws Cloud Protection Manager
(クラウドプロテクションマネージャー)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Accops(アコップス)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


あらゆるOracle環境のレプリケーションに対応

DBMotoはOracle RACやOracle Database Appliance、Amazon RDS for Oracleなど、あらゆるOracle環境のレプリケーションに対応しております。
Oracle環境のリプレイスや、災害対策、異種DBへの連携・移行、オープン化などにご活用いただけます。

Oracle環境のレプリケーション

Oracle環境のレプリケーションはDBMotoが最適!

1. Oracleの幅広いバージョンに対応

DBMotoは幅広いOracleのバージョンに対応しており、Oracle9i以降であればレプリケーション対象として設定することが可能です。もちろん異なるバージョンのレプリケーションも可能で、例えばOracle9iから、10g、11g、12c、18cなど、任意のバージョンのOracleへレプリケーションを行えます。保守切れとなってしまったOracleをリプレイスしたい、バージョンアップのためデータを移行したい場合も、Oracleのバージョン問わず対応できます。

Oracleの幅広いバージョンに対応 移行・連携などDBMotoの活用例の詳細はこちら

2. Oracle⇔異種DB の双方向レプリケーションを実現

Oracle同士の連携はもちろん、SQL Server、DB2(AS/400)、MySQLいった異種データベースのレプリケーションにも対応しております。これによりOracleから別DBへの移行でも活用できます。また双方向レプリケーションにも対応しているので、アプリケーション連携やオープン化用途としてもご利用いただけます。

Oracle⇔異種DB の双方向レプリケーションを実現 対応データベースの一覧はこちら

3. OracleのエディションやOS、プラットフォームの制限なし

DBMotoはデータ連携を全てSQLクエリで実施するので、Oracle Standard Edition One (SE One)、Oracle Standard Edition (SE、SE1、 SE2)、Oracle Enterprise Edition (EE)などの、どのOracleエディションでもご使用いただけます。OracleのOS (Windows、Linux、 Solaris、 IBM AIX、 HP-UX (PA-RISC、Itanium)) にも制限はありません。プラットフォームにも依存しないので、物理環境・仮想環境はもちろん、Oracle CloudやAmazon RDS for Oracle、Azure VMやEC2インスタンスに構成しているOracleなど、クラウド環境のOracleのレプリケーションも実施できます。

OracleのエディションやOS、プラットフォームの制限なし
クラウド対応の詳細はこちら

4. PDBやRACなどOracle特有の環境にも対応

Oracleプラガブルデータベース(PDB)や、マテリアライズドビューなど、Oracle特有の環境のレプリケーションも対応しております。Oracle RACでクラスタを構成している環境や、Oracle Exadataなどの大規模な環境でもDBMotoでデータ連携を実現することが可能です。

PDBやRACなどOracle特有の環境にも対応 Oracleのよくあるご質問はこちら

5. Oracle環境にあった最適なレプリケーション方式を選択

Oracle環境の差分レプリケーションは、シンプルな構成であるRedoログ(トランザクションログ)方式、接続数を最適化するログサーバエージェント(バイナリログ)方式、トランザクションログを使用しないトリガー(ログテーブル)方式の3つの方式から選択できます。これにより環境規模にあった最適なレプリケーションを実現します。

Oracle環境にあった最適なレプリケーション方式を選択 各レプリケーション方式の詳細はこちら




動画で見る
DBMoto
Webセミナー

(約30分)
ホーム
概要
レプリケーションモード
活用例
構成例
DR構成
対応DB
システム要件
機能
特長
レプリケーション
運用
設定・処理の流れ
AS/400特集
クラウド対応
資料
カタログ・技術資料
導入事例
他社製品との比較
ホワイトペーペー
購入
導入ご検討中の方
ライセンス体系
サポート体制
15日間無料評価版
お問合せ・お見積
よくある質問
テクニカルブログ
DBMotoの最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2018 Climb Inc.

動画で見る
DBMoto -Oracle
Webセミナー

(約30分)