株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Maxta(マクスタ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
dspMigrate(dspマイグレート)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > DBMoto > レプリケーション活用例

レプリケーション活用例

DBMoto(デービーモト)を利用したデータベースレプリケーションの活用例をご紹介します

自動化したリアルタイムなバックアップ

通常のExport方式のバックアックはデータベースやテーブルのテーブルの全データを対象とする必要があるため、時間と手間がかかる場合があります。
レプリケーションの場合はトランザクションが発生した差分データのみを対象とするため、短時間かつ低負荷でのバックアップが可能です。

レプリケーションのリアルタイム性を利用して手動ではなく自動でのバックアップが可能です。

システムの停止時間を最小限に抑えた移行

Oracle 9iからOracle 11gへの移行など、データベースの古いバージョンから新バージョンへの移行時の一般的な手順はExport/Import方式です。
しかしExportの最中に古いデータベースへのトランザクションが発生してしまうと、移行時にデータの不整合が発生してしまいます。
データの整合性を保つためにはExport開始からImport終了までデータベースを停止する必要がありますが、データ量によっては数時間から数日かかるケースもあります。
そこでExport/Importの最中のトランザクション処理は差分レプリケーションを利用することで、データの移行が完了するまでの間データベースを停止する必要がなくなります。

Export/ImportのみのDB移行とExport/Import+差分レプリケーションを利用したDB移行のイメージです。
差分レプリケーションを利用する場合はシステムの停止時間は切り替え作業時のみとなります。

Export/Import完了後は切り替え作業を実施することですぐに新システムを利用できます。

オンプレミスDBからAmazon Web Serviceへの移行・データ連携

DBMotoはAmazon Web Service(AWS)、Microsoft Windows Azure、niftyクラウドなどのクラウド環境のDBもサポートしています。オンプレミスDBからクラウド上のDBに対して、システム停止時間を最小限に抑えての移行、DBのオープン化、データ連携にご使用いただけます。AWSは以下をサポートしています。
・Amazon EC2:DBMotoがサポートするすべてのDB
・Amazon RDS:Oracle、SQL Server、MySQL、PostgreSQL
・Amazon SAP HANA
・Amazon Redshift

対応DBはこちら

他システムとのデータ連携

基幹データベースから別の複数のデータベースにレプリケーションすることで、それぞれのサーバにおいて目的に応じてデータを活用することができます。

例えば基幹のAS/400のデータを複数のMySQLへレプリケーションすることで、バックアップサーバとして使用したり、BIツール用として使用したり、社内システム用として使用するなど、データを分散させることで目的別の使用に適している他、負荷分散の効果も期待できます。
また、DBMotoはフィールド単位でのマッピングや関数やスクリプトを使用したよりきめ細かなデータ連携が可能となっており、ETLツールのような使用も可能です。

手軽な負荷分散

レプリケーションによってデータベースのデータを複製できることを利用し、負荷分散(ロードバランサー)としても活用いただけます。
データベースのHAクラスタ構成やWebアプリケーションサーバの負荷分散と比較し、レプリケーションでの負荷分散は特別な設定等なしで手軽に行えるのが特徴です。

複数サーバ間でのデータの同期

複数サーバ間でのマルチレプリケーション機能を使用し、いずれか1つのデータベースでトランザクションが発生した場合に他のすべてのデータベースにレプリケーションすることで、常に全サーバでデータの同期を取ることができます。

例えば本店と複数の支店で常にデータを同期するような場面で活用できます。

ディザスタリカバリ構成による災害対策・BCP

災害対策用にディザスタリカバリ環境を構築しておくことで、レプリケーションによる常に2つのサーバ間でデータを同期を取っていることを利用し、万が一の災害や障害に備えることができます。

東京と大阪にディザスタリカバリ環境を構築し、常にレプリケーションしておくことで、通常は東京へのアクセス、障害発生時は大阪へのアクセスへ切り替えて事業を継続できます。
また、障害復旧後は大阪から東京に対してのレプリケーションによって切り戻し作業も行えます。

無料評価版のお申込みはこちら お見積・ご購入窓口はこちら 電話・メールでのお問合せ・お見積はこちら
※サポートサービスご契約中のお客様は、専用フォームよりお問合せください。

技術ブログ

Copyright©2015 Climb Inc.