株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Maxta(マクスタ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
dspMigrate(dspマイグレート)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > DBMoto > 概要 > クラウドへのDB移行・連携

クラウドへのDB移行・連携

DBMotoはクラウド上のDBに対するレプリケーションにも対応しています。
クラウドへのDB移行・データ連携・オープン化・災害対策にDBMotoを活用してください。
クラウドへのDB移行・連携

クラウドへのレプリケーションにDBMotoをお勧めする5つの理由

1. DBを止めずに稼働したまま移行が可能

DBMotoは全件レプリケーションと差分レプリケーションに対応しています。
全件レプリケーションでの移行中に元のDBへ変更が生じても差分レプリケーションによって同期を取りますので、移行中もDBを止めることなくレプリケーションが可能です。 移行・連携などDBMotoの活用例の詳細はこちら

2. 異種DB間でのレプリケーションに対応

DBMotoは同種DB間はもちろん、異種DB間のレプリケーションに対応しています。
基幹システムのDBをオープン化目的で別DBへ連携したり、基幹DBには対応していないアプリケーションのために対応している別DBへ連携する等、活用方法は様々です。 レプリケーションモードの詳細はこちら

3. 物理、仮想、クラウド、OS問わず、多種DBに対応

DBMotoは非常に多くのDBをサポートしており、OSには依存しません。
また物理環境、仮想環境(VMware/Hyper-V等)、クラウド環境(AWS/Microsoft Azure等)を問わず、幅広い環境で使用できます。 対応データベースの一覧はこちら

4. レプリケーション先DBへのテーブル作成に対応

DBMotoは複製元のテーブル情報からCREATE文を生成し、複製先へテーブル作成する機能を搭載しています。移行時にはDB構築後すぐにDBMotoからテーブルを作成できますので作業時間の短縮につながります。 テーブル作成機能等、レプリケーション機能の詳細はこちら

5. 導入、設定、運用が簡単

DBMotoのインストールは僅か1分で完了します。
設定も僅か3ステップで完了し、コンサル不要でエンドユーザ様にも安心してご使用いただけます。 設定・処理の流れの詳細はこちら

AWS(Amazon Web Service)に対応

AWS DBMotoはAWS上のDBとのレプリケーションに対応しています。
オンプレミス環境とAWS間のDB移行・連携、オープン化、災害対策として使用可能です。
またRDS間、EC2間の連携など、AWS内でDBMotoとDBのすべてを集約して運用することも可能です。

対応するAWSサービス


DBMotoがサポートするすべてのDBに対応
・EC2にDBMotoをインストール可能



Aurora・MariaDB・Oracle・SQL Server・MySQL・PostgreSQLに対応



PostgreSQL用の接続ドライバを使用することで対応可能



DBMotoはSAP HANAの認定取得済み


オンプレミス・AWS間のレプリケーション検証レポート

・AWSでのAmazon Aurora・SAP HANA構築手順
・DBMotoを使用したオンプレミス環境からAWSへのレプリケーション構築詳細手順
・レプリケーション検証結果、注意点
等について詳しくまとめた検証レポートをダウンロードすることができます。 検証レポートダウンロードはこちら


Microsoft Azureに対応

Microsoft AzureDBMotoはMicrosoft Azure上のDBとのレプリケーションに対応しています。オンプレミス環境とAzure間のDB移行・連携、オープン化、災害対策として使用可能です。
またAzureの仮想マシン間、SQL Database間の連携など、Azure内でDBMotoとDBのすべてを集約して運用することも可能です。

対応するAzureサービス


DBMotoがサポートするすべてのDBに対応
・仮想マシンにDBMotoをインストール可能



SQL Serverと同じSQL Clientを使用して利用可能



DBMotoはSAP HANAの認定取得済み


DBMoto Cloud Edition ~ファイアウォール越しでのDB間連携~

DBMoto Cloud Editionはファイアウォール越しのDB間でのレプリケーションを実現します。
ネットワークの直接接続がない環境でもWebサービスを介してレプリケーションを行えます。
※AWSやMicrosoft AzureはTCP/IPで直接接続可能ですので通常版のDBMotoをそのままご使用可能です。 DBMoto Cloud Editionの詳細はこちら

DBMoto Cloud G Edition ~Google App Engine データストアへの連携~

DBMoto Cloud G EditionはデータベースからGoogle App Engineのデータストアに対してのレプリケーションを実現します。レプリケーションによってGoogle App Engineのデータとして保存されるため、すべてのGoogleアプリケーションからアクセス可能となります。 DBMoto Cloud G Editionの詳細はこちら

無料評価版のお申込みはこちら お見積・ご購入窓口はこちら 電話・メールでのお問合せ・お見積はこちら
※サポートサービスご契約中のお客様は、専用フォームよりお問合せください。

技術ブログ

Copyright©2015 Climb Inc.