VeeamのRESTful APIを試してみました


Veeam Bakup & ReplicationはEnterprise PlusエディションでRESTful APIを使用できます。今回はこのRESTでVeeam Bakup & Replicationのジョブを実行してみました。

事前準備としては、RESTful APIを利用するためにはVeeam Enterprise Managerがインストールされている必要があります。
EMのインストール
   ※ISOイメージ実行時の画面

またインストール時にはREST APIのHTTPとHTTPSのポート、また使用する証明書を指定しています。
EMのインストールウィザード

今回は操作をわかりやすくするためにChrome アプリのAdvanced REST Clientを使用しました。

まず、ログオンのセッションを作成します。ログオンのセッションを作成するためにsessionMngrに認証情報をPOSTしています。
VeeamのRESTはBasic認証を使用しているため、その情報をヘッダーに指定しています。
ログオンセッション
ログオンが成功すると、ヘッダーにRestSvcSessionIdが出力されるため、これを以降のリクエストでもヘッダーに使用します。
ログオンセッション結果

今回はジョブの一覧を取得し、その中から一つのジョブを実行します。そのためにjobsからGETし、ジョブの一覧を取得します。
ジョブ一覧取得

オレンジ枠で囲ったWindows(HV) Backupというジョブを実行します。
ジョブ一覧取得結果

このジョブのエンティティリソースを取得するためにIDを指定し?format=EntityをGETします。
ジョブno

リソースからジョブの設定情報の他に、各actionの情報も取得できます。
ジョブのエンティティリソースの取得結果

ジョブを実行するので?action=startをPOSTします。
ジョブの実行
ジョブの実行結果

これでジョブは実行できたので、ログアウトします。
ログアウトするには、まず現在のセッション情報をlogonSessionsからGETします。
ログオンセッションの確認
ログオンセッションの確認結果

取得したログオンセッションの情報を元に、このセッションをDELETEします。
ログアウト

これでログアウトも完了です。このようにRESTを用いることでHTTPからVeeamバックアップを簡単に管理することができます。
詳細なリファレンス、下記のリファレンスガイド(英語)をご参照下さい。
http://helpcenter.veeam.com/backup/80/rest/

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください